FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

昔書いていた記事

日曜日に大阪市立科学館でのイベントを終えた後,学芸員のEくん,一緒に講演をしたNくん,手伝いをしてくれた学生のYくんと一緒に軽く飲みに行きました。そのときにEくんが話題として出したのですが,私は,大阪市立科学館が毎月発行している冊子に,2010年から2014年まで毎月記事を書いていました。毎月1ページをきっちり埋めるというタスクなのですが,Eくんにお願いされたら断ることはできません。当時もプラネタリウムを使ったイベントでお世話になりましたし,何しろ大学時代の同級生で当時も非常にお世話になりましたので。

数えてみると,というか,最終回の記事中に書いてあったのですが,全部で50回。4年強の間,毎月よくも記事を書けたものだと自分ながら驚いています。同時に,振り返ってみると,当時は記事になるネタが今よりも圧倒的に多かった気がします。研究のこと,学生とのやりとり,大っぴらに書いても問題ないし,科学に興味を持っている人に向けてのネタがそれなりにありました。とはいえ,流石に毎月同じ分量の記事を書くには,ネタを思いつたらメモをしておくネタ帳を作るなどの努力はしていましたが。。そんなわけで,当時はこのブログについても今よりも圧倒的に高い頻度で更新できました。

ところが,今は,記事にできないようなことだったり,記事にしても面白いとは思えない業務ばかりです。たとえば昨日は8回の打ち合わせがありましたが,研究に直接関連しているものは1個だけ。シリコン検出器開発のミーティングだけでした。が,ダブルブッキングのため,それも途中から参加,中途退席。残りの打ち合わせは,法人の評価,備品の取り扱い,国外輸送の際の税金対策,予算,その他諸々。。打ち合わせの相手は研究者よりも,事務方との方が最近は圧倒的に多いです。打ち合わせだけでなく,メールのやりとりも事務方相手のほうが多くなりつつあります。

こんな生活だとネタがないんですよね。出張すると,なぜかトラブルに見舞われてネタができてしまうのですが,そういうトラブルではない良いネタを仕入れたいものです。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<見慣れない単語ばかり | HOME | 盛況>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |