FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

一般公開とか

先週の日曜はKEKの一般公開でした。大本営発表では4200人の見学者があったとのこと。足をお運びくださった方々にお礼申し上げます。ATLASのブースにいた体感では,例年よりも2割くらいは見学者が多かったように感じました。非常に盛況だったと思います。

ATLASグループの今年の仕切り担当者になったNさんは非常に張り切って準備を行い,新たな子供向け企画を立ち上げました。レゴを組み立てるという企画で,参加した子供たち,あるいは想定していなかった大人の人にも,大好評でした。来年度以降も続けることになるであろう,柱の企画となりそうです。それから,例年はポスターを展示するだけの研究内容の説明でしたが,今年はミニ講演会という形でスライドを使った説明も加えました。こちらは私の提案だったのですが,予想通り,非常に多くの方にご参加いただきました。毎年,ポスター前で私が説明をしていると人だかりができてしまうので,交代で誰かが10分か15分程度の全体紹介をすれば喜ばれるのではないかと思っていました。ただ,説明する人間の頭数をそれなりに用意しておかないとならなくて,今年はそれなりに弾が揃ったので実施することができました。次回以降も,説明者を揃えられる限りこのスタイルで実施したいです。

話は変わり,昨日は,測定器開発関連の新たな動きとして発足したプラットフォームのキックオフミーティングに参加しました。プラットフォームは全部で3つあり,私は,その3つのプラットフォーム全体の調整役を引き受けています。基本的には,それぞれのプラットフォームの活動に私は口を挟まず,全体の調整という建てつけなのですが,昨日は,最初のミーティングということで私も日程調整に混ぜてもらい,それで参加することができました。全体の趣旨説明をさせてもらえたのはありがたかったです。KEKに対する熱い期待もひしひしと感じ,参加してくださった人でないと,なんでこういう動きになったのかは理解してもらえないかと思いますが,この新たな動きを何とか成功させたいとより一層感じる1日でした。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今回は日本でも | HOME | プラネタリウム企画の宣伝>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |