FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

トップクォーク確認

引越しを重ねる我が家では,常に荷物が片付いていないのですが,週末にほんの少しだけ片付けをしました。古い荷物の中身を確認して必要なものとそうでないものを仕分ける作業をちょっとだけやったのですが,その中に,古い新聞が幾つかありました。その多くはヒッグス粒子発見前後の記事なのですが,それ以外にも,幾つか面白い切り抜き等がありました。

たとえば,私が博士課程の学生のときにやっていた実験の記事がアメリカの雑誌に載っていました。下っ端の私は当然記事には出てこないのですが,私が修士過程から博士にかけての時期に作った検出器の写真が載っていて,当時を瞬間思い出して偉く懐かしくなりました。

それから,表題は,読売新聞1994年4月23日の1面のトップニュースの見出しです。自分は学生で新聞なんて取っていなかったのになんであるのかわかりませんが,1部まるごと残っていました。元大阪大学教授のNさんのコメントが載っているのが興味深かったです。また,Nさんのコメントが載っていることからもわかるように大阪版なので,わざわざその日だけ新聞を買いに行ったのかもしれません。ちなみに,今調べたところ,arXivでは5月16日に"Evidence for Top Quark Production in p-pbarCollisions at sqrt{s} = 1.8 TeV"という論文をCDFが投稿しています。ということは,論文投稿前にセミナーか何かでトップクォーク発見の発表をしたのでしょうね。

なんでもどんどん捨ててしまう私には,古いものを取っておくという習慣はあまりないのですが,なかなか面白いものを発掘できました。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<HL-LHC予算化 | HOME | θ真空>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |