FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

グッとこらえて

昨日から今日にかけて話題になっている大きなニュースがありますが,それについては,グッとこらえて何も書かず,世間話を幾つか。

一昨日は総研大のオープンキャンパスでした。というか,説明会と呼ぶ方が適切な気がします。午前中は,スタッフが研究内容を説明し,午後は,各プロジェクトのポスター発表+施設見学。今年のポスター発表は,学生であるHくんにお願いし,その準備はTくんとHくんにお願いしました。毎年のことですが,KEKは当然のことながらプロジェクトが膨大にあり,スタッフも多いのですが,見学に来てくれる学生さんがちょっと少なめで,なんとかもう少し参加者を増やしたいところです。それでも,ATLASに興味を持って見学に来てくれた学生がいたのは幸運でした。受験して合格,総研大に来てくれることを願っています。

話は全く変わりますが,今,サッカーW杯をやってるのですね。Nさんから話をよく聞かされますが,私自身は,1試合も見ていません。テレビの視聴率が50%とか凄い数字のようですが,遠い別世界のように私には感じます。子供の頃は野球が一番好きだったのですが(野球は今も好きです),サッカーも負けず劣らず好きで,毎週たしか土曜の夕方にやっていた三菱ダイヤモンドサッカーというのを楽しみに見ていました。キャプテン翼も単行本が出る前からジャンプでずっと読んでいたのですが,Jリーグができた頃から急速に興味を失いました。ダイヤモンドサッカーという当時どちらかというとマイナーな情報源や,これまたマイナーなサッカー雑誌とかから苦労して情報を得ていたのに,Jリーグができるやいなや,それまで興味を持っていなかった(と思われる)人間がいきなりサッカー好きを装ったり,俄かサッカーファンを喜ばせるテレビ番組が激増して,なんだかなぁ,という感じで急にサッカーを見なくなりました。それが尾を引いてるのか,今もサッカーは全く見ません。

この話に関連するかもしれませんが,最近国民栄誉賞をとった羽生なんとかというフィギュアスケート選手が滑っているところも一回も見たことがありません。サッカーと違ってフィギュアスケートは元々好きなわけじゃないので,自分から敢えて見るということはありませんが,それにしても,一回も見たことがありません。

というわけで,W杯も羽生も見たことがない人って珍しいのではないかとNさんに話したところ,むしろ,そこには相関があって,どっちも見たことがない人は結構多いのではないかという鋭い意見をもらいました。まあ,私のような天の邪鬼は他にもいるのでは,ということですが,さて,世間にそういう天の邪鬼はどれくらいいるんでしょうね。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「見えない宇宙線を見る」実習 | HOME | 引く手あまた>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |