FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

ttHプレスリリース

今更ながらの話ですが,CERNおよびATLASでは6月4日にttH発見のプレスリリースを行いました。それから遅れること3日間,ATLAS日本グループでも7日に日本の報道機関に向けてプレス発表しました。が,3日間のタイムラグは大きく,CERNですでにリリースされている内容を3日遅れでは記事にできないと,記者さんにはお叱りを受けました。全くごもっともな話で,メディアとしては鮮度が命ですから,そんなに遅れてはニュースにできません。。それでも,CERNのリリース内容をもとに一社に記事にしてもらったのはラッキーでした。

今回CERNのリリースと足並みを揃えて国内発表できなかったのは,CERNのリリース内容が定まるのが遅かったことに尽きます(なんでそんなに遅くなったかは書くのやめておきます)。通常は,解禁日の何日も前から発表内容は定まっていて,それをもとに日本側でもリリースを準備します。研究者による確認だけでなく,KEKや大学などプレスを投げ込む機関の広報が確認調整をするのでこれに結構時間がかかる上,KEKではリリース内容をすべて文科省にお伺いを立てるというしきたりがあり,これにも時間がかかります。記者さんをはじめ,私が接する広報関係の人々もなんでそんな時間のかかることをするのかと訝るのですが,色々事情があって,この時間のかかるプロセスを経なければなりません,少なくとも今の所。というわけで,CERNの発表内容をもとに日本のリリース内容を決め,各所でのチェックを経ると,最速でも木曜のリリースが精一杯でした。

本題に戻ると,リリース内容はこれです。仕事の早い素核研広報のNさんがばんばん記事を書いてくれて,ttHのプレスリリースのことだけでなく,ATLASのcollaboration Weekのことについても,素核研の記事にほぼリアルタイムでなっています。彼は相談をもちかけると,ガンガン手伝ってくれるので本当に頼りにしています。

また脱線してしまいましたが,そうです,ttHの有意度が5σを超えました。それでプレスリリースとなったわけですが,私個人的には,マルチレプトンの終状態をttH探索に使うのは論理矛盾してると思っています。このブログで以前も書いたことありますが,ttHを探すということは標準模型を仮定してはいけないはずで,となると,トップクォーク対とたくさんのレプトンがある事象を見つけただけでは,トップクォークと結合する未知の粒子がマルチレプトンに崩壊している可能性を棄却できません。トップクォーク対と同時にヒッグスが生成されていることを積極的に同定して初めてトップ湯川の発見だと思うのです。そういう意味で,今回はttH(→γγ)がはっきりと見えているのはエポックメーキングだと思っています。単独での有意度は3σちょいですが,これのほうがよっぽどttHという感じがします。

ttHの発見は,LHCのヒッグスプログラムの中で極めて重要なマイルストーンです。ボトム湯川は有意度的には微妙ですが,mass peakがそれなりに見えていることから,私の脳内ニューラルネットワークでは信号があるように見えています。加えてτ湯川も見えていることから,第3世代の湯川をコンプリートした感があります。この成果は当初の想定よりもかなり早いもので,LHCが極めて順調で高いルミノシティを出していること,そして,その高いルミノシティにもかかわらずほぼデッドタイムフリーで検出器を運用できていること,が大きく効いています。機械学習など解析手法の改善も重要なのですが,加速器と検出器の性能が重要なんだということを若い人にはぜひ実感してもらいたいです。

ここまで来ると,ヒッグスの物理としては第2世代が次の大きな目標になります。μは統計勝負ですが,チャームはなにか新しいアイデアが不可欠です。ここら当たりこそ機械学習の出番なのかもしれません。それから,個人的に気になっているのは,トップ湯川が少し大きくないか,ということです。ttHだけじゃなく,inclusiveな解析でgluon fusionを見てもなんとなく大きい気がします。もちろんグローバルフィットをすると標準模型と誤差の範囲で一致しているので全然有意ではないのですが,脳内ニューラルネットワークでは,なんとなく大きいような気がして気になっています。ttHだけじゃなく,これから色々な生成,崩壊モードで精度を上げていく楽しみになります。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<SuperKEKB式典と総研大説明会 | HOME | 雑談いくつか>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |