FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

雑談いくつか

土曜日の晩にプラネタリウムでアウトリーチをやったあと,そのまま東京に一泊。日曜にCERNに移動しました。そのときに驚いたことを2つ。

今回はヒースロー経由でした。ヒースローは,預けた荷物の届くのが遅れることが多いとか(嘘かもしれません,自分+周囲の人間の感覚です),ターミナル間の移動に時間がかかるとか,日本とジュネーブを結ぶ直線上からのズレが他の経由地よりも大きくて飛行機に乗ってる時間が多とか,などなどの理由で,私も含め,周囲の人はヒースロー経由を好きではない人が多いです。かく言う私もそれほど好きではないのですが,私は上記の理由の他に,保安検査に時間がかかるのが嫌いです。

持ち込み禁止物を持ってるわけじゃないのに,意味不明に止められて持ち物を検査されたり,あるいは,金属探知機の感度というか閾値の設定がダメなのか,むっちゃたくさんの人がいちいち保安検査員にボディーチェックをされて時間がかかります。そして,いつも一番問題なのは,持ち込み禁止物を持ち込もうとする人が多いことです。空港でよくあるようにベルトコンベアで手荷物が動くのですが,ヒースローでは出口が2箇所に分かれていて,持ち込み不可の物が入っている荷物と,問題がない荷物の出てくる場所が違います。問題がないものは客が普通にそのまま持ち出し,そうじゃない方は,保安検査員が中身を確認するようになっています。

その仕組み自体はいいのですが,いつも,持ち込み不可の荷物が多くて,出口が2つに分かれている場所まで持ち込み不可の荷物であふれて,ベルトコンベアが動かなくなってしまうのです。。で,手荷物不可の荷物の処理が終わるまではベルトコンベアが動きませんから,保安検査員とアホな客のやり取りが終わるまで,それも何人ものやりとりが終わるまではベルトコンベアが動かなくて,それをひたすら待たされます。今回もそれがひどくて,自分の前の客の9割以上が持ち込み不可の物をスーツケース等に入れてるんですね。やることがありませんから,保安検査員とアホな客のやりとりを見てると,たいていの人が大量の液体をバッグに入れています。化粧品なのか,飲み物なのか,何なのかわかりませんが,あれだけクドく液体は透明な袋に入れてバッグから出せと言われてるのに,全く無視なんですね。

いや,そういうアホがいるのは百も承知なのですが,不思議なのはそういうアホがヒースローに集中していることです。毎回ヒースロー経由のたびに,なんで,ルールを守れない人がヒースローに集中するのか不思議だったのですが,今回は,本当にダメ荷物が多くて驚きました。ちなみに,液体に関する注意は,結構クドイです。ターミナル間を移動するバスの中でもアナウンスが繰り返されるし,ターミナルを歩いているときもアナウンスがあります。どこの飛行場でもそうですが,保安検査場で荷物をベルトコンベアに置く際に係員は当然液体がないか尋ねますし。本当に不思議です。

1個目のネタが長くなりましたが,2個目は短いです。

今回CERNホステルの受付でチェックインをしようとした際,当たり前ですが,まずは自分の名前を告げます。そしたら,受付の人は私の名前を覚えていて,まあ,それだけならそれほどの驚きでもないのですが,次に髪の毛切ったねと言われてビックリです。最近CERNに来ると,坊主ではなくなっていたために知り合いが私のことに気づかないことが多かったのですが,受付の人は,伸ばしていた髪の毛がまたなくなって坊主になったことまで気づいたのです。

ホステルの受付の人は結構侮れなくて,ダメダメな人もいますが,賢いんだろうなと思わせる人も時々います。私はしょっちゅう行くので私のことをIDできる人がいること自体は驚かないのですが,私とどういうやりとりがあったかまで覚えてる人がいたり,部屋番号を覚えてる人までいます。今回の人なんて,私の変装(?)が通じないくらい私の顔を認識してるわけですよね,しかも,受付の一瞬のやりとりだけで。受付の人恐るべし,です。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ttHプレスリリース | HOME | 色々終了>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |