ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

第8回春の学校

5月に入ってから,日々,報告書と申請書に追われています。書いても書いても処理が追いつかず,締め切りに間に合わない報告書が日々積み上がっています。。突然降ってわいたように,今まで予定していなかった資料の提出をしょっちゅう求められている,というのもあって,本当に書類書きマシーンの日々を過ごしています。

そんな中,先週は春の学校でした。今回で8回目。毎年盛り上りますが,いつも,始まる前は「今回は盛り上がるだろうか?」と不安になります。ですが,そんな心配は杞憂に終わり,今回も,昼夜ともに大盛り上がりでした。元気のいい学生と楽しく過ごすのは体調にもいいようで,朝から深夜過ぎまでぎっちり詰まった3日間でしたが,その3日間だけはエラく元気でした。学校を盛り上げてくれた学生と,学生旅費をサポートしてくれた方々には深く感謝します。いやー,それにしても楽しかった。

そんな元気のいい学生と楽しく過ごした後に,今日は,日大のアメフト選手の記者会見を見ました。我々からみると大学院生はまだ研究者としては卵。人間としても極めて若く感じるわけですが,そんな学生たちよりもさらに若い20歳の学生があんな記者会見を開いたのかと思うと涙が出そうでした。

大学 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<LHCルミノシティとか | HOME | プラネタリウムど迫力>>

この記事のコメント

今回の学生は、弁護士がついていましたね。ご両親のサポートあってのこと、弁護士主導の会見と理解しました。(学生だけの力で、日本記者クラブで会見するのは難しいでしょうし)
この種の人間は悪知恵が働きますので、今後は悪事を完遂し命令した側が逃げ切れるような、家庭的なサポートが十分ではない子が鉄砲玉に指名されるのでは、と、思ったりしてしまいます。
2018-05-22 Tue 22:46 | URL | 読者 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |