FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

打ち合わせ山盛り

今週は(も?)ミーティングと打ち合わせの連続です。毎日,1つか2つのミーティング,3〜5個の打ち合わせをこなしています。それらのミーティングや打ち合わせの間に,メールの返事をひたすら書き続けていると,あ,あと,幾つかの書類書きをして,1日が終わってしまう感じです。

このブログはもともと物理屋がどんなことをしてるのか書き記していこうと思って始めました。が,最近は物理屋らしいことをしていないので書くネタがなく,また,サボっているわけではありませんが,仕事内容がブログに書けるようなことではないので,更新頻度が下がっています。

そんな日々ですが,今日は書ける案件が一つ。6月にATLASグループのcollaboation meetingを早稲田大でやるということは以前にも書いたと思いますが,そのタイミングに合わせてアウトリーチ企画を行うことになりました。6月16日(土)の晩で,多摩六都科学館というところで行います。ここ数日この企画に関連した調整作業を続けていて,今日は,科学館の人と電話で打ち合わせをしました。突然のお願いにもかかわらずプラネタリウムを使ったイベントを共同開催してくださる運びとなりました。ありがたいことです。

日常 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<パターン認識 | HOME | 東京出張連発>>

この記事のコメント

いつも楽しく拝見させていただいてます。
物理と全く関係ない事で恐縮ですが、質問があります。
「打合せ」と「ミーティング」の違いって何なのでしょうか?
私は会社員ですが、普段の仕事で特に違いを意識したことはなく、ネットで調べてもこれといった答えは無い様子。物理業界特有の使い分けがあるのでしょうか?(日本語と英語の違いとか?笑)
2018-04-18 Wed 22:07 | URL | TT [ 編集]
TTさん,

コメントありがとうございます。

> 「打合せ」と「ミーティング」の違いって何なのでしょうか?

物理業界に特有の表現なのか,使い分けがあるのか
わかりませんが,私は勝手にこんな感じで使い分けています。

「ミーティング」というと誰かがスライドを使って発表をして,
それに対して質疑応答をする,そういうイメージです。
研究の進捗状況を誰かが発表して,それを皆んなであーだこうだ
言うのはミーティングなイメージです。
私の言葉の使い方だと,「会議」というときもこの範疇と思って
いただいてかまいません。ただし,会議のほうが
ミーティングよりも格式張ってるときに使っている気がします。

「打ち合わせ」は,逆に,スライドを使って誰かが人前で
発表することはなく,何かを議論相談する,そういうときに
使っています。業者の方に私のオフィスに来ていただき,
何か説明をいただく場合は,打ち合わせです,
私がKEKの機構長,会社でいうと社長さんでしょうか,の
ところに行って何か説明する,あるいは予算くださいと
お願いするのは,打ち合わせなイメージです。

スライドを使う,使わないは,参加人数によって
決まることが多いですから,結果的に,ミーティングの
ほうがその場にいる人間の数が多く,打ち合わせだと,
自分を含めて2人から3,4人程度になっていることが
多いような気がします。人数が少ないと,スライドでは
なく資料を紙で配布してしまうことが結構ありますので。

勝手な使い分けではありますが,私の周りの人間も
同じような感じで使っている気がします。
2018-04-19 Thu 20:33 | URL | ExtraDimension [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |