ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

結果が全てでは寂しい

今,ウェブのニュースで,スケートの小平選手を支えた企業,というか病院なのですが,の記事を見ました。信州大卒業後進路に困っていた小平選手を職員として雇い,給料,生活費,競技用具の購入費などを負担したという美談が,ネット(私はこの言葉は使いませんが,敢えて原文表記)で話題になっているというニュースです。

その美談自体には何の異論もありません。多くのスポーツ選手,芸術家,そして私たちも,多かれ少なかれ,応援して支えてくれる人や企業,団体に支えられていますから,スポーツ選手を支えている企業にスポットが当たることは喜ばしいと思います。けど,結局,選手が結果を出さないと,選手を支えている人たちにスポットが当たることはありません。当たり前なんですが,結果を出さないと世間の注目が集まりませんから。

だけど,そういう世の中はなんだか寂しいです。結果が出ていても出ていなくても,選手を支える企業や裏方さんにスポットが当たる世界のほうが暮らしやすそうです。もちろん,先に書いたように,結果がないと注目を浴びないので仕方ないことなのですが,日の目を見ないスポンサーや,選手を支えようと頑張っている裏方さんがたーくさんいるんだろうなと思うと,私らしくもないことを考えてしまいました。。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ムール貝 | HOME | すり合わせ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |