FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

すり合わせ

今週はATLASアップグレード用シリコン検出器開発関連の大きな会合に参加しています。こういう打ち合わせに出るといっつも同じことを感じます。

昨日出た打ち合わせの一つにピクセル検出器のバレル部分の製造関連のものがありました。大きなプロジェクトなので,いくつものチームが役割を分担して設計,製造を行います。たとえば,センサーなどの配置いわゆるレイアウトは物理屋主導でシミュレーションをもとに物理の性能を最大化させようとします。一方で,実際の検出器の設計はエンジニアリングの世界で物理屋ではなくエンジニアが物質量を減らしつつ要求される冷却性能と強度を保つべくデザインを考えます。すると,エンジニアリング的には,つまり,実際には作れないものあるいは作るのが非常に難しいレイアウトをレイアウトグループが推薦してくることも多々あり,そうすると,両グループの主張の落とし所を探ることになり,これが非常に時間がかかります。

あるいは,エンジニアリング的な設計と一言で言っても,全部を一人あるいは一つのチームで設計するわけではないので,Aという部分を担当しているチームとBという部分を担当しているチームで意見が対立することもよくあります。昨日の例だと,バレル部分のケーブルを通すためには,エンドキャップ部分との境界を通さないとならないのですが,その間隔が1mmしか取れない。それを交渉したが今の所4.5mmしかまだ隙間がない。それじゃまだ足りないからさらに交渉が必要。みたいな話になっていました。

これらはあくまで一例で,一人ですべてをやれないプロジェクトでは多かれ少なかれ,同様の問題があるのではないかと思います。自動車の設計とかでも,きっと,色々なすり合わせがされているはずですよね。営業と設計。設計の中でも,エンジンを作る人とボディを設計する人,シャシーの設計とエンジン,などなど,無数のすり合わせを経て最終的な設計が決まるはずで,その調整作業をいかにスムーズに,違うチーム同士がいかに相手のチームのことを理解して歩み寄れるか,それによって良いものができるかどうかが決まるんだろうなぁ,と,ミーティングに出るたびに感じます。同時にその辺の意思疎通をうまくやれるかどうかがプロジェクトリーダーの腕の見せ所なんでしょうけど,実際に自分でやるの難しいなぁ,とこれまた日々感じています。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<結果が全てでは寂しい | HOME | ちょっと久しぶりのCERN>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |