FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

プチ就職祝い

非常に嬉しい話だったのでブログにもすぐ書こうと思っていたのですが,ちょっと日が経ってしまいました。

3日前のこと,数ヶ月前にDの学位を取得していたJくんが,ポスドクのオファーをもらいました。ヨーロッパのそれなりに大きな研究所で,彼が修士のときにやっていたピクセルDAQの研究内容が高く評価されてのオファーでした。もともと応募した公募での採用ではなく,彼の経験・専門性が,その研究所が推進したいプロジェクトのニーズとマッチしたために,元々の公募案とは別枠でいきなりのオファーという流れでした。Jくん本人も職探しをしていて強く実感したようですが,物理解析は基本誰でもできるという前提のもとで,検出器の保守運転,開発,建設などを任せられる人材が職を得やすいというのは洋の東西を問わないようです。今回は,FPGAを使ったDAQシステムの経験がモノを言った結果になりましたが,必要とされる専門性は時代によって変化しますので,それをタイムリーに身につけていけるかどうか,その嗅覚が職探しの明暗を分けることになると感じています。まあ,私みたいな凡人に当てはまる話であって,天才であればそんなことを考える必要がなく唯我独尊で職が見つかってしまうのかもしれませんが,なかなかそういう人に会ったことはありません。

前置きが長くなりましたが,その知らせを聞いて,その晩は彼と二人で祝杯をあげにいきました。私にとって2人目のDの学位取得者で,人数があまり多くないだけに私としても嬉しさひとしおです。本当に嬉しくて嬉しくて,その日は酒の量はたいしたことなかったのに,だいぶ酔いました。でも,心地よい酔いで,日頃のストレスが吹っ飛びました。Jくん,何度も言いましたが,本当におめでとう。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<来訪者 | HOME | 学生パワー>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |