FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

2017年11月ATLAS近況

ATLAS at anywhereというタイトルなのに,ATLASのことを最近全然書いていなかったので,今日はその近況を。

重心系エネルギー13TeVでの物理データ収集は先々週に終えました。約50/fbの陽子陽子衝突が今年だけであり,ATLASでは約47/fbのデータを収集しました。本当にLHCの調子がいいです。一時期ビームロスが大きいという問題がありましたが,結局その後の調整で知らぬ間に元通りになり,結局,陽子の入射直後はルミノシティが高すぎて検出器がそれに追いつけず,当初HL-LHCで予定されていたルミノシティレベリングをすでに行っています。そのため,瞬間ルミノシティの推移をみていると,ビーム入射直後はしばらく1.5E34くらいで一定のままでした。

先々週に13TeV運転を終えたあと,昨日までの約1週間は重心系エネルギー5TeVでの陽子・陽子衝突実験をやっていました。WのpT分布を理解したいとか,重イオングループのためのstudyとかのためだったみたいです。でまた,昨日だか今日からは低ルミノシティでの13TeV運転をしてるみたいです。ルミノシティ測定のためのヴァンデルメールスキャンや,これらのstudyを11月中に行い,12月早々には運転停止で,年末年始のシャットダウンとなります。

予定よりも1週間ほど早いシャットダウンで,これはCMSの要請によるものです。去年の年末年始シャットダウンにインストールしたピクセルの調子が悪くて,検出器を開けて色々調べたいというのがその理由です。DC-DCコンバーターを使っているのですが,それをコントロールするチップがSEUを起こすと,パワーリサイクルしないとならないのだそうですが,パワーリサイクルできなくなってるモジュールが徐々に増えているとか。この電源問題が解決できないと,CMSは運転できないのではないかとかなり真剣に心配されています。コストパフォーマンスの面から,ATLASとCMSが同時に走れない場合は多分LHCの運転をしないので,ATLASとしては他人事ではありません。また,同じ電源をATLASアップグレード用のシリコン検出器でも使おうとしているため,これまた,シリコンをやってる人間としては他人事ではなく,ATLASのミーティングでもこの問題が話題になっています。

とまあ,色々ありましたが,総じて2017年の運転は順調で,それもこれも,現場にはりついて頑張っている研究者のおかげです。願わくば,よりデータ量を増やした精度の高い解析で,何か見つかれば言うことなしです。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<学生パワー | HOME | 危機一髪が二発>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |