ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

危機一髪が二発

土曜日,CERNから日本へ戻る飛行機の中でのこと。おそらくはロシア上空でアナウンスが入りました。「ただいま,化粧室内でお客様がタバコをすわれました。。」ここまで聞いた瞬間,私の脳内では「えーっ,そんなやついるの?ここで緊急着陸したら,いつ帰れるんだろう?」という自問自答がおきパニック。しかし,その後のアナウンスを聞いていると緊急着陸はなしで,そのまま飛行を続けるとのこと。ホッと胸をなでおろしましたが,タバコを吸ったアホに対する怒りがこみ上げてきました。こういう人間は世の中から退場して欲しいです。よく言いますが,人里離れた山奥か,無人島で一人で暮らして欲しいです。

そして昨日は危機二発目。車を運転中,とある交差点で信号待ち。青になったので普通に(と言っても,ここつくばでは信号が赤になっても右折をやめない人が多いので,こっちが青になってもまだ右折しようと突っ込んでくるバカが多いので,それには用心しつつ,右折レーンから突撃する車がいないことを確認して)発信すると,なんと,赤信号で待っているべき車が直進で私の左側から出てきたのです。赤信号だった道は,片道3車線プラス右折レーンという幅広い道で,そのバカが出てきたのは直進3車線のうちの真ん中のレーンで,私は間一髪セーフ。たぶん,他の車も当たってはいなかったと思いますが,私の後続車,および,対向車は驚いて急停車。夜だったのでそのまま直進した私はその後どうなったのか把握できませんでしたが,いやー,本当に危機一髪。私の車の左側に真横から突撃をくらうとこでした。というか,それをよけようと反射的に右にハンドルを切ったので,対向車とも危うくあたりそうでした。。

つくば市および茨城県の交通事情,車の運転の無茶苦茶さはこのブログでも何度も書いていますが,本当に怖いです。信号が赤になって,直行する側の信号が青になっても延々と右折車,右折オンリー青信号のときに確信犯的に直進する車,追い越し車線を遅い車が走り走行車線を早い車が走る,これってつくば界隈以外でもデフォルトになってる場所があるんでしょうか。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2017年11月ATLAS近況 | HOME | スペイン人に慰められる>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |