FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

ATLAS25周年記念

10月のATLAS collaboration meetingでは,ATLAS25周年記念のイベントが開催されます。1992年の10月1日にLettor of Intentを出したそうで,そこから数えて25年ということになります。1992年というと,SSC計画を中止するかどうかで当時の高エネルギー物理学業界が揺れていたのだと思いますが,学部学生だった私には,SSCもLHCもよくわかっていませんでした。それから25年,計画を立ち上げようとしていた人たちは感慨深いでしょうね。

ところで,ATLASという名前は,実験グループでよくある公募で決められたそうなのですが,その命名者,つまり公募で選ばれた名前を応募したのは,何の巡り合わせか現スポークスパーソンのKarlなんだそうです。この前本人から直接話を聞きました。公募の締め切りにわずかに遅れたのですが,当時のmanagementの偉い人に出すのが遅れたけどまだ受理してもらえるかと尋ねたところ,名前は何だ?と聞かれ,ATLASだと答えたら,それなら受理しようということになり,その名前がコンテストを勝ち残ったのだそうです。縁なのか,当時から優秀で頑張っていたからこそ今の地位に就いたのか,その両方なんだと思いますが,その命名者がスポークスパーソンとして25周年記念イベントを仕切るのは,でき過ぎな話です。


研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<公聴会へ | HOME | J-PARC宿舎初宿泊>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |