FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

LHC最新スケジュール

去年の故障以来修理、及び同じような故障を防ぐための対策を重ねていたLHCですが、その最新計画が正式に発表されました。今年9月末にビームを出して、約1ヶ月かけて加速器の調整。そして5TeV+5TeVで最初の衝突を10月末に目指すことになりました。

当初はその後のスケジュールがはっきりしていなかったのですが、一旦ビームを止めて7TeVを目指すために磁石のトレーンングを積むのか、そのまましばらく走り続けるのかはっきりしていなかったのですが、とりあえず5TeV+5TeVで1年間データ収集を続けることになりました。専門的な言葉になってしまいますが、200pb^-1という統計量の蓄積が目標として設定されました。ヒッグスは見つかりませんが、運がよければSUSYっぽいもの(?)、標準理論では説明つかないイベントが見つかるかもしれない、という微妙な統計量です。まあ実際には、実験初期のデータは検出器の調整などに使われるクオリティで、物理解析できるような良質なデータが取れるかどうかはやってみないとわかりませんが。

昨日、今日、2日間に渡っての修論発表会がようやく終わり(私たちの研究室に所属している学生は全員昨日発表でした)、今日はこれから判定会議。

その後は当然(?)飲み会です。修論を書き終えた学生さんご苦労様、という飲み会です。今回はそれにプラスして、今月一杯でKEKに異動することになった助教の方の送別会も兼ねています。長い間お疲れさまでした、と私も心から言いたいです。って、退職するわけではなくて、これからはKEKで研究活動するわけですが、本当に縁の下の力持ち的に働いてこられた方で、大変感謝しています。

[2009年7月23日追記]
LHCの最新スケジュールについてはこのエントリーこのエントリーをご覧下さい。


研究 | コメント:5 | トラックバック:0 |
<<明日からCERN | HOME | 修論発表会>>

この記事のコメント

> とりあえず5TeV+5TeVで1年間データ収集を続けることになりました。
冬休みは?
10月末にあててそのまま1年走り続けるのですか?
それとも、あてたらそのまま冬休みに入ってしまうのか?
2009-02-10 Tue 20:30 | URL | 中村 [ 編集]
> > とりあえず5TeV+5TeVで1年間データ収集を続けることになりました。
> 冬休みは?
> 10月末にあててそのまま1年走り続けるのですか?
> それとも、あてたらそのまま冬休みに入ってしまうのか?

通常よりは冬休みを短くして、統計を増やす努力をするらしい。
シャットダウンの期間がどれくらいになるのかはまだ知りません。
明日からCERNに行くのでもっと詳しい情報がわかったら、
エントリーに何か書きます。

2009-02-11 Wed 17:56 | URL | ExtraDimension [ 編集]
> 通常よりは冬休みを短くして、統計を増やす努力をするらしい。

2000年にHiggs発見騒ぎがあったときは電気代をタテに運転延長を拒んだのです。悲しい思いをした人も多かったと思います。

2009-02-11 Wed 19:05 | URL | 中村 [ 編集]
> 2000年にHiggs発見騒ぎがあったときは
> 電気代をタテに運転延長を拒んだのです。
> 悲しい思いをした人も多かったと思います。

あの時点でHiggsが決定的になっていたら、
当分、LHCが走れなくなっていましたね。
2009-02-15 Sun 04:05 | URL | 名無しの権兵衛 [ 編集]
> > 2000年にHiggs発見騒ぎがあったときは
> > 電気代をタテに運転延長を拒んだのです。
> > 悲しい思いをした人も多かったと思います。
>
> あの時点でHiggsが決定的になっていたら、
> 当分、LHCが走れなくなっていましたね。

そうですね。
タラレバですが、もし発見されていたら
どうなっていたかを考えるのも面白いですね。

ところで、元のコメントの電気代の話ですが、
噂ではシャットダウンを出来るだけ短く
(1週間程度?)に抑える予定らしいです。
明日、LHCのランスケジュールに関する
ミーティングや、CERNの新所長のトークが
あるので、何か新しい情報があればどこかに
書き込みます。
2009-02-16 Mon 00:25 | URL | ExtraDimension [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |