ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

LHC再開好調

写真の少ないブログですが,今日は写真を撮ってみました。しかし,この業界によくいるように,立派なカメラを持ち歩いているわけではなく,スマートフォンすら持っていないので,ラップトップに備え付けのカメラで撮影したため画質はイマイチです。
view-1view-2
とはいえ,天気の良さは伝わりますかね。先週末に引き続き今日も天気がよいです。写真は,宿舎の窓から朝撮ったもので,CERNの敷地のすぐ外のぶどう畑とジュラを写したつもりです。

眺めはさておき,LHCは今年も絶好調です。つい最近,物理のデータ収集を始めたばかりですが,順調にルミノシティがあがっています。もう1E34を超えました。バンチ数は1759。最終的にバンチ数をいくつまで増やせるかは加速器の熱負荷によりますが,去年のレベルまではすぐにいけそうです。この再現性は素晴らしいです。加速器部門の実力を見せつけられている感じがします。

一方,検出器側も頑張っています。ATLASはトロイドとソレノイドが続けてfast dumpするというトラブルがあって肝を冷やしましたが,その後は大きなトラブルもなくデータを収集しています。現場にはりついて頑張っている人たちのおかげですね。日本人も現場で実験を主導してる若手が何人かいて,それを目の当たりにして頼もしく感じています。
研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ビームエネルギー上昇計画 | HOME | 天気最高>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |