ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

宿がない

ヒアリングの翌日の木曜からCERNに来ています。今回は久々に3泊ではなく,2週間ちょっと滞在します。CERN理事会,ATLAS collaboration ミーティング,ATLASアップグレード用tracker collaborationミーティング,これらに参加するためです。間に挟まれているATLAS collaborationミーティング自身はスキップしてもよかったのですが,1週間だけ日本に戻るのは面倒ですし,幸いなことに来週はどうしても日本にいなければならない用事がなかったので,月末までこっちにいることにしました。

Trackerのほうは,どの国が何を担当するのかを調整する作業が最終段階に向けて進められていて,ATLAS上層部,Trackerグルーウ上層部と最近喧々諤々やりあっています。ついこの前も,テレビ会議で上層部と議論して,日本の希望とグループ全体の方針・希望とのすり合わせを試みています。再来週のtrackerミーティングの前に,ここら辺のことを直接会って話せるので好都合だというのも,来週1週間こっちにいる理由の一つです。予算措置のための努力をしつつ,その進み具合を横目で見ながらの交渉となります。

そんなわけでCERNにいるのですが,今回は問題が2つあります。

まずは足が痛い。今回の痛風発作が起きてから,あまり動かず安静状態で仕事をすることができたのは1日しかなく (休みはありません),その日だけは劇的に症状が改善されたのですが,それ以外の日の回復は非常に緩やか,というか,東京を歩き回ったり,CERNへの移動で歩き回ったりしたので,ここ2,3日はむしろそれ以前よりもまた痛くなっています。。安静が結局のところ1番の薬なのは間違いなさそうです。今日と明日は,症状改善を目指して宿舎でゴロゴロしているつもりなので,なんとかここで回復してほしいところです。

問題その2は,宿が取れないことです。宿舎を取るのに今回は苦労していて,1週間とかだとwaiting listにすら載せられないので,2週間強の滞在を10分割くらいしてwaiting listに載せ,部屋を確保できるのを待っていました。その結果,こちらに到着するまでに20日を除いてすべての日が一応予約できたのですが,20日だけは苦戦中。チェックインするときにフロントにwaiting listの待ち状況を聞いたのですが,hopelessだからどこか別のところを確保しておいたほうがよいと言われ,booking.com等で宿を探しているのですが,これがなぜか20日だけがピンポイントで超混雑。いつも使ってるようなところは皆無で,一番安い100CHF超えが,ジュネーブのダウンタウンよりもさらに南東にいったところ,カルージュよりもさらに遠いところに見つかったのと,さらにもっとその先に行ったフランス側に200CHF弱が何軒かありましたが,これらは車がないとアクセスがかなり難しそうです。では,トラムやバスでアクセスできる範囲となると,500CHFくらいが最低で,1000, 1500CHFという,目を疑うような値段のところしかありません。さて,どうしたものか。今週末どうするのか決めないとなりません。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<天気最高 | HOME | ヒアリング終了>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |