ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

干し芋旨い

私は昔は甘いものが苦手でした。苦手のピークはおそらく中学生から高校生くらいで,その当時は本当に甘いものを食べませんでした。その後もあまり好きではなく人生を過ごしていましたが,20代から30代,さらに40代と年をとるにつれて,本当に徐々にではありますが,甘いものを美味しいと思うようになってきています。特にもともと餅や団子みたいなモチモチとした食べ物が好きだったので,その手の甘味はそれなりに食べるようになっています。

という背景があるからなのか,茨城県の干し芋は最高です。特に,私が昔から馴染みのある薄く切ったものではなく,まるまる一個を干したものは茨城県に来て初めて食べたのですが,それは本当に旨いです。自分の中の干し芋の概念を覆すもので,上品な甘さの上に食感が餅みたいなのです。初めて食べたときは,干し芋だと言われなければきっと何だったかわからなかったと思います。それくらい通常の干し芋とは違う食べ物で,最近ちとハマっています。

全然関係ありませんが,甘い物のことを書いたら,今はドイツの某大学にいるHくんのことを思い出しました。彼も甘いものが大嫌いで,甘いものからは逃げまわっていましたが,今はどうなっているんでしょう。年とともに食べ物の嗜好は変わりますからもしかしたら少しは甘い物食べるようになってるのかもしれません。。。とは言ってみたものの,彼の場合は全然食べてなさそうな気もするなぁ。

日常 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<阪大物理関連のお知らせ | HOME | running coupling constant の訳語>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-02-22 Wed 19:36 | | [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |