ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

running coupling constant の訳語

英訳の際にいっつも困っている言葉があります。Running coupling constant です。何と訳せばいいのでしょうね。日本語の教科書や,英語の教科書を翻訳したものを見ると,実効結合定数とか有効結合定数とかが多く使われているみたいですが,相当ピンときません。だからと言って上手い訳語を思いつかないので苦労しているのですが,いや,毎回頭を悩ませます。

その辺の話でついでに(?)出てくるのがrenormalizationですが,そちらについては何故か抵抗感なく,世間で使われている「繰り込み」を使っています。だったら,runnning coupling constantのほうも世間でよく使われている言葉でいいじゃないかという気もするのですが,あまりに自分のイメージとかけ離れていて,無駄な努力とわかっているのに毎回何かよい言葉がないか考えてしまいます。

Running coupling constantと英語で書いてしまってもいいような場面ではそうしてもいいのですが,もう少し硬い文章のときは本当に毎回悩んでいます。エネルギー依存する結合定数...うーん,すっきりしません。。。

研究 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<干し芋旨い | HOME | 春の学校の申し込み受付開始>>

この記事のコメント

わたくしは「走る結合定数」と書いちゃいますね。専門用語として。
2017-02-21 Tue 10:37 | URL | odakin [ 編集]
> わたくしは「走る結合定数」と書いちゃいますね。専門用語として。

その案いただいちゃいます。
2017-02-21 Tue 23:24 | URL | ExtraDimension [ 編集]
あくまでも結合定数は結果なので、逆操作である繰り込みの反対は正方向の閉じ込めだからじゃないでしょうか?
だからスケーラブルな閉じ込め変数なんていかがでしょうか?
2017-04-17 Mon 11:55 | URL | ひゃま [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |