ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

禁煙法案

このブログの読者の方はよーくご存知かと思いますが,私はタバコの煙が大嫌いです。そんな私にとっては,少し前にニュースになっていた禁煙に対する法案は非常に喜ばしいです。それによると官公庁内は敷地で全て禁煙とか。素晴らしい。

なんで突然こんなことを言い出しているかというと,今私がいた場所で隣に座っていた人がしばらく席を離れ戻ってきたと思ったら,強烈にタバコ臭いのです。喫煙ルームに行ってたんですね。タバコを吸う人は無感覚になっているのかもしれませんが,タバコの煙も臭いですが,タバコを吸った人間そのものが喫煙後相当臭いです。私の場合,臭いのも臭いですがもっと嫌なのは嘔吐感を催します。私にとっては,世間で言われてるように受動喫煙によるガンの発症率うんぬんなんてどうでもよくて,とにかくそういう人が近くに来ると吐き気を催すのです。

というわけで,やむなく,自分は荷物を片付けて別の空いてる席を探して移動しました。で,今このエントリーを書き始めました。

飲食店では分煙だそうですが,それに反対する声が多いとか。あくまでニュースで読んだことですが,小規模小売店だと分煙化は難しいので,喫煙者が分煙の店に流れてしまうからとか。そういうものなのですかね。私なんて店を探す時に禁煙の店を(少ないですが)探しますし,分煙ではなく完全禁煙の店があれば速攻でそこに行きます。だって,ただでさえタバコの煙が臭かったり吐き気を催すのですから,食事のときのタバコなんて本当に最悪です

でも,分煙により客足が遠のくということは,私みたいな人間は少数派ということなんですかね。だったら分煙すら許さなければいいのです。そしたら分煙のある店に客足が流れることはありません。みんな横並び。分煙とかいうから話がややこしいのです。最初から分煙なんていわず建物内はあらゆる場所で禁煙にすればいいのです。タバコを吸いたい人は自分の家で窓を閉め切って煙を隣家に流さないようにして吸えばいいのです。あるいは誰も人のいない山の中へ行って吸ってください。あ,無人島でも結構です。

書いてて思いつきましたが,自分の家の中ではタバコを吸わず,ベランダに出てきたり,家の外に出てきてタバコを吸う人がいますが,正気の沙汰ではないと私は感じます。家の中だと家族から反対され,それで臭い煙を隣人に送る。無茶苦茶です。吸いたいなら自分の家の中で吸って,なるべく煙を外に出さないようにすべきです。

臭い思いをして席の移動を余儀なくされ,イライラしていますね。書いてて興奮してきてしまいました。。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<予算整理 | HOME | 春の学校打ち合わせ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |