ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

AMSの結果

色々なところで話題になっていますね。ビームテストをやって遊んでいたので,TingがCERN seminarをやることは知っていましたがそれが昨日だとは気づいていませんでした。まあ,気づいていても見ることはできませんでしたが。

と言いつつ,こうしてエントリーを書いているのにまだ詳しい中身は見ていません。陽電子のフラックスが1TeVダークマターとあっているとか,PAMELAでは観測できていなかった反陽子過剰を観測してるとか,気になる情報を断片的に受け取っているのですが,まだ発表内容をちゃんと理解していません。1TeVダークマターだとしたらその素性に対する仮説が何なのかさえわかっていません。今から飛行機に乗り日本に戻るので,戻ったらちょっと調べてみます。って,日本には1日しかいなくて,すぐにまたCERNに向けて移動ですが。。

そうなのです。ビームテストではその準備段階だけしか付き合えませんでした。でも,残っているみなさんがバンバンやってくれること間違いなしの印象を持っているので,安心して移動できます。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ビームの取り出し不調 | HOME | ビームテスト備忘録>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |