ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

講演者行方不明

今日は素核研運営会議でLHC/ATLASの報告をしました。先週の学会で自分の脳みそが少し物理色に染まっていたので,物理結果に関する部分の説明が楽になりました。日頃考えていることだったらすぐにトークに対応できますが,そうでない内容だとリハビリが必要で,そういう意味で先週の学会がちょうどよいリハビリになりました。

そして,ここからが本題なのですが,昨日はKEK内の科研費説明会というもので科研費獲得に向けた話をしました。14時に開始で,私のトークは15時過ぎから。一応前の講演者がどんな話をするのか聞いておこうと思い,その会が始まる冒頭からずっと会場にいました。

が,今朝KEKに来ると会う人会う人,昨日はみんなが私を探していたと言うのです。説明会でトークがあるのに行方不明だと。そう言われると,会場内でも事務方の人が誰かを探している雰囲気はありましたし,私のトークが始まる10分前くらいに事務方の人がO理事に私が会場にいないか尋ねていました。いえ,正確に言うと,私の2列前にいたO理事と私を探している人の会話は聞こえなかったのですが,O理事の身振りが明らかに私の特徴を示しているのです。ピアスを強調しているのがわかり,これはもしや私を探しているのかと思ったところ案の定そうでした。会場内を見渡したOさんが私を見つけ,すぐに事務方の人が私のところに来ました。

事務方の人は私の横を何度も行ったり来たりしたのですが,私が講演者だとは思わなかったようです。Tシャツ,短パン,サンダル,そしてピアスの坊主頭といういでたちの男がトークをするとは思わなかったのですかね。次回はスーツでも着て行ったほうがいいのかもしれません。でも,私の場合スーツだとよりガラが悪くなり怖いという話も聞きますので悩ましいところです。

しっかし,いくら私でもトークをすっぽかすということはないと思うのですが,周りにいる真面目な方々に比べてよっぽど信用がないんでしょうね。繰り返しですが,今日は会う人会う人に同じことを言われるのでホント可笑しかったです。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<鈍感力 | HOME | 学会雑感>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |