FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

研究所と違う生活

先週大学に戻ってきてからは、研究所に出張している時とは微妙に異なった研究生活を送っている。今年度担当の授業は3コマ全て後期に配置できた(前期は大部分の期間を出張するつもりなので)ので、大学に戻っても基本的には研究所にいる時と同じリズムで生活ができるはず。しかし、研究室内の学生と研究その他に関する話をしたりするので、やはり研究所に一人でいる時とはリズムが少し異なる。プラス大学では授業以外の雑用的な仕事が結構ある。例えば今日を振り返ってみると…。

午前中は研究室のミーティング。午後は自分の研究をぼちぼちやりつつ、大学にある原子核実験施設というものの紀要の編集関係の仕事をこなす。打ち合わせと実際の編集作業。単に作業を進めるだけなら大して時間はかからないのだが、ある人をメンバーとして載せるかどうかを相談するとか、そういう作業以外のことにかなりの労力を割いてしまう。そうこうしているうちに、学生が海外で研究活動を行うための資金援助のプログラムに関する調べ物をして時間が過ぎる。

とまあ、そんな生活を送っています。
日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<テレビ会議 | HOME | 時差ボケ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |