ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

文科大臣CERN訪問

今週の大きな山場の一つである文科大臣のCERN訪問が今日ありました。長い時間をかけて準備してきましたが,訪問はあっという間でした。ですが,日本が製造した衝突点近傍のQマグネットの展示を見せることができ(=普段はスペアとして格納されているものを今回のために展示しました),日本の大きな貢献を見ていただけたのは大成功でした。「百聞は一見にしかず」の格言通り,実物を見ていただけたのは本当によかったです。関係者のみなさま,どうもありがとうございました。

個人的には,準備段階で今までにない経験をすることになり,また慣れない要人対応だったので普段使わない気を使い疲れましたが,無事終わって本当にホッとしています。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<LHCの磁石 | HOME | トラブルなしの移動>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |