ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

タイプする音

本当にどーでもいいことなのですが,いや常にどーでもいいことしか書いていませんが,出張の移動の際の電車の中や空港でビジネスマンとおぼしき人達がパソコンに入力する音が気になります。もちろん全員に対してそう感じるわけではないのですが,やけに,タイピングする音の大きい人がいます。特にリターンを入力すると思われるときの音の大きさが半端ではない人がいます。

研究所や大学でも自分以外の人がタイピングする音を聞く機会は多々ありますが,その音の大きさ,特にリターンの入力の音の大きさに驚くことはあまりありません。なのになぜか空港とかでスーツを着た人たちの入力音にはしょっちゅう驚かされます。私自身が集中して仕事をしてるわけではないので多少煩くても迷惑を被ってイライラするというわけではないのですが,パソコンが壊れそうと勝手に心配してしまいます。

単なる自分の感想なので,リターンの入力音の大きさにビジネスマンの方々と物理屋との間に違いがあるわけではないのかもしれませんが,キーボードが壊れるくらいリターンに力を入れている人がいるのは事実のように思います。パソコン,キーボードが可哀想で気になっちゃうんですよね。。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<トラブルなしの移動 | HOME | ルミノシティ最高値>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |