ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

フライトの変更

最近の私にしては長いCERNでの滞在を終え,日本に帰る途中のパリでこのエントリーを書いています。

数日前にJALから家に電話があり,そのとき子供しかいなかったため,後でまたかけます。みたいなやり取りがあったということをカミさんからメールで連絡があったのですが,その後,家には電話がかけなおされることはなく,結局なんだったんだろう?広告だったのかな?と思っていたのですが,それでも気になったので念のためウェブで予約状況を確認すると,なんのメッセージもなくいきなりジュネーブ→パリ便の時間が変更になっているではないですか。

普通はフライトの変更はおろか,使う機材が変更になると座席配置が変わるので,ウェブで予約状況をチェックすると警告みたいなものが現われて,何かの変更があったことをボケっとしていても気づかせるような表示,仕様になっているのに,今回はそういう警告が全くありませんでした。よーく注意してみると,出発時刻が17時から14:50に変わっていたのですが,それに気づいたのはそのページを何回も見た後でした。いやー,危ない危ない。

今回ジュネーブに来る時も朝寝坊をしてピンチでしたが,帰りも実はプチピンチでした。

それでも出発前に気づいたおかげで,ミーティング直後にNくんに空港まで送ってもらうようお願いする余裕があり,今日の移動自体は何の問題もないものとなりました。あれ,今回,行きも帰りも同じ名字の人に空港まで送ってもらったのですね。CERNでは空港への送迎をしてもらったのは,何年か前に一度,自分の学生だったHくんにしてもらったことがありますが,それ以来2回目だし,朝,成田あるいは羽田空港まで車で送ってもらうなんていうことは当然初めてですから,今回,かなりのレア事象が重なったことになります。

しかし,今回何で警告が大きく出なかったんだろう?というか,なぜJAL電話を諦めたのか??いずれにせよ,油断なりません。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<テンで停電 | HOME | 結婚相手と知り合うきっかけ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |