ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

新幹線の座席数

今,新幹線の車中で,浜松に向かっています。浜松ホトニクスでシリコンセンサー開発に関する打ち合わせをするためです。って,これは前振りで,今書こうとしているのは新幹線に乗るたびに感じる雑感です。

新幹線の自由席に乗る人の中で,どれくらいの割合の人が,車両によって座席数が違うということを認識しているのでしょうか。私,基本自由席派なのですが,始発駅で新幹線を待つとき,列の長さが短ければ気になりませんが,列が長いときは当然より座りやすい,より空いている車両を狙って並びます。今乗っているのはひかりなので,自由席は1号車から5号車までですが,普段よく利用するのぞみの場合だと1号車から3号車までが自由席です。のぞみの場合,どこに並ぶかを考える際には,2号者と3号車の比較なら単純に列の短い方がよいですが(後で補足),1号車の場合は座席数が圧倒的に少ないので,たとえば,1号車と2号車のどちらに乗るか考える場合結構悩みます。

今1号車に乗っているのですが,座席は5×13席です。2号車は5×20,3号車は5×幾つか知りませんが20弱くらいと思います。1号車は先頭もしくは最後方車両なので,運転席と長いノーズがあって,席の数が少ないわけです。3号車(奇数号車)はトイレが付いているので,その分やはり幾分座席数が少なめです。ただまあ,1号車ほどは違わないので,2号車と3号車のどちらかを選ぶときは,行列に並んでいる人の数をいちいち数えたりしないので,見た目で列の短い方に私の場合は並びます。

話を戻すと,今朝新幹線に乗り込むとき,私は比較的列の前のほうだったのであまり何も考えませんでしたが(ちなみに私は1号車),そのうち結構な列の長さになってきて後から並ぼうとする人たちは,単に列の短いところに並んでいるのではないかという傾向があって,私なら2号車に並ぶのにと思ったことから今日のエントリーとなりました。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<大失敗 | HOME | 書類書きエンドレス>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |