ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

文部科学大臣を表敬訪問

今日は,というか,昨日になってしまいましたが,私にとってはかなりのビッグイベントがありました。

CERN所長のFさんと,日本語で何と言えばよいのか難しいのですが,物理部門(Director for Research and Computing)のトップのEさんが文部科学大臣を表敬訪問するのに,Aさんと私が一緒について行きました。文科省に行くのもまだ2回目なのに,いきなり大臣に会うというのは流石にちょっとだけ緊張しました。

大臣は皆さんもご存知,元有名プロレスラーの馳浩さんです。子どもの頃は一時期プロレスをよく見ていたので,ちょっと時代は違いますが,馳大臣のプロレスラー時代もテレビで見たことありまた。なので,初対面にもかかわらず,私にとっては初対面ではないような,不思議な親近感がありました。スポーツ選手らしく,明るく,親しみやすいので,より一層親近感がわいたのかもしれません。しかし,スケジュールはまさに分刻みで,本当に忙しそうでした。

一方,CERN所長のFさんは相変わらずの早口だったものですから,馳大臣の最初の一言は「あなた,いつもそんなに早口なの?」でした。彼女のことを知ってる人なら,このコメントは大爆笑ではないかと思います。そうです,Fさんはすっごい早口なのです。ここでの私の驚きは,今回の表敬訪問にはプロの通訳の方に同行してもらったのですが,Fさんがとてつもない早口にもかかわらず同時通訳をするのです。いや,びっくりしました。早口のFさんの頭の回転は速いのでしょうけど,今日の通訳の方の回転はさらにその2倍でしょう。

話を元に戻すと,馳大臣はCERNに興味をもってくださって,外交辞令かもしれませんが,今度ぜひCERNに行ってみたいとおっしゃっていました。言葉で説明するよりも現場を視察してもらうことが何よりも説得力がありますので,大臣の訪問はぜひ実現させたいです。

表敬訪問のあとは,表敬訪問したメンバーに加えてFermilabの所長と,もう一人の物理屋を加えた総勢6名で寿司を食べに行きました。緊張した表敬訪問の後だったので,リラックスして話に花が咲きました。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<書類書きエンドレス | HOME | D1>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |