ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

D1

HL-LHCの加速器について,日本が,というか,私たち研究者レベルで貢献を希望しているのが,D1と呼ばれる,陽子陽子衝突点近くの軌道分離電磁石です。現行LHCでは,ロシア製(だったかな?)の常伝導のものが使われているのですが,HL-LHCでは,現行のものに比べて口径にして約3倍,長さは1/3,磁場の強さは3倍強,蓄える磁場エネルギーにして24倍と,あらゆる面で現行を大きく上回るスペックが要求されるため,超電導電磁石のものに置き換える必要があり,それを日本グループは担当すべく,その試作品開発をこれまでも行ってきました。

なぜ,そんなにスペックが変わるかというと,分離電磁石からさらに陽子陽子衝突地点に近づいた場所にはビームの最終収束用四重極電磁石(これも超電導で,現行LHCのものはFermilabとKEKが開発)があるのですが,そこでLHCよりもより強力にビームを絞るためというのが,大きな理由の一つです。より強力に絞るために,収束電磁石が今までより長くなり,さらにビームを絞るためには,絞る前に一回大きく広げてやる必要があります(よくわかっていませんが,光学と一緒だそうです)。さらに,クラブ衝突させるためのクラブ空洞を入れる場所も確保しなければならない,ということで,D1のためのスペースは短く,でも口径は大きく,磁場は強くならないとならない,というわけです。

このD1試作機を作っているのはKEKの低温センターでNさんが中心になってやっています。その一号機が完成間近で,タイミングのよいことに,昨日はKEKにFALCという会議のために高エネルギー物理業界の重鎮が集まっていたので,KEKの施設見学の一つとしてD1磁石試作品も見てもらいました。その様子が下の写真です。
D1見学
手間に見えるのが,その試作機1号で,超電導線の巻線はこの写真では見えませんが,巻線を囲むリターンヨーク兼構造体(?)が見えるかと思います。実機は7mですが,この試作機は長さ約2mです。

敢えて写真のサイズを小さくしてるので見えにくいかとは思いますが,D1の向こうに写ってる人々はかなりの重鎮ぞろいで,イギリスのFunding AgencyのトップのJ(この人は私がDzeroをやってたときにSpokesをやってたのでよく知ってます),CERN所長,Kさん,ILC計画のトップ(?)のLE,Fermilab所長,CERN理事会議長のS(この人もDzeroの時に一緒だったので個人的にはよく知ってる人です),Oさん,が写っています。機構長もいたのですが,この写真では隠れてしまっています。ちなみに一番右側で向こうを向いているのが,この磁石の説明をしているNさんです。

Nさんたちの頑張りで,ちょうどいいタイミングでHL-LHCに関する開発状況を色々な人に見てもらえたのはラッキーでした。この重鎮たちは,今日と明日は,J-PARCでまた別の会議をやっています。ホントならKEKでずっとやってればよかったのですが,今日(と明日?)は大学入試のためにホテルの手配ができず,それでJ-PARCまで行って会議をやってるのだそうです。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<文部科学大臣を表敬訪問 | HOME | スクールの宣伝2発>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |