ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

春の学校2016

「今年もやります春の学校」というタイトルで記事を書こうかと思いましたが,前にも全く同じタイトルを使っていたみたいなので,タイトル変えました。内容はそのまんまです。今年もやります。数日前に世話人で議論して,5月12, 13, 14日開催に決定しました。いつも通りの2泊3日で,プログラムもだいたい決まりました。このエントリーを読んでる関係者の方は,ぜひ学生に参加をお勧めください。例年M1の割合が多いのですが,M1じゃなくても,博士課程の学生でも,ポスドクでも全く問題ないプログラムですし,講師の方も毎年その道のエキスパートを呼んでいます。高エネルギー物理に限らず,近隣分野の方は,宣伝をよろしくお願いします。

この春の学校は今回で6回目。場所は琵琶湖の湖畔ということで始め,最初は何箇所か転々としたのですが,ここ2年は同じ場所を使い,今回もまた過去2年と同じ場所。ということで,場所も固定されてきた感があります。時期もだいたいゴールデンウィーク明けに行ってきましたが,それでも1ヶ月前後の不定性がありました。これに関しても今年度以降は,今年と同様にだいたいゴールデンウィーク明けの週に固定しようという感じになってきました。存在の定着,場所の定着,そして時期も定着できるといいなぁと考えています。

ただし,場所に関しては,移動する可能性もあります。世話人6人のうち,毎回実務を担当する人間が一人いて,関西にいる人間が持ち回りで実務を担当してきたことが琵琶湖畔というアイデアに繋がりました。実務担当者が変わると,将来もしかしたら全然違う場所で開催することになるかもしれません。加えて,世話人は永世世話人ではありませんので,新しい血を入れることも議論しています。特にもう少し若い人に加わってもらえたらと現世話人は考えています。興味のあるかた,いないでしょうか。

と,これだけ宣伝しましたが,実はまだ予算の目処が立っていません。恒常的な財源があるわけではないので,毎年自転車操業,というか,毎年財源の確保が世話人にとっては重要なテーマとなっています。今年どうなることか,気になるところです。私たちの分野だと外部資金となると科研費頼りなのですが,科研費にはこういうことをやるためのカテゴリーがなく,マッチングの良い外部資金を探すのに毎年苦労しています。

春の学校2016年は5月12-14日です。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ラストスパートのラストスパート | HOME | 修論ラストスパート>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |