ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

ここ数日とバスの事故

先週はJ-PARCに3日間缶詰でPAC。その翌日は半日かけてとある面接の面接官。いえ,正確にはオブザーバー参加だったので,面接官ではないですね。でも,まあ,ずっと面接に参加していました。昨日はD論の内審査のために阪大へ行き,今日はICEPPのなんちゃら協議会というのに出席するために東京へ向かっています。ってなことをこなしつつ,今年は3人の修士の学生の修論をみないとならなくて,時間を見つけては彼らの論文の添削をしています。

そんな私の日常はさておき,スキーバスの事故がありました。私,このブログでも書いたことあるような気がしますし,常日頃から妻や周囲の人間にバスは怖いと言い続けています。乗り物の中で圧倒的に一番怖いです。飛行機と違い1人で運転,しかも,機械によるアシストゼロ。飛行機に乗るのを怖いと思ったことはありませんが,私実は路線バスですら乗るたびに怖いと思っている臆病者です。だって,運転手一人の技量と気分に私の人生を賭けてるんですよ。実際に高速バスに乗ったときに,危ない目に遭ったわけではありませんが,相当心を病んでると思われる運転手に出くわしたことがあり,そのとき目的地に着いたときはホントに安堵しました。

というわけで,路線バス以外のバスに乗るときはシートベルトを着用するようにしてるのですが,これまたいつも言ってることなのですが,シートベルトを着用する人の少なさに私はいつも驚いています。というかその行動規範を全く理解できません。面倒なことがあるわけではなし,ただの保険をかけない理由がわかりません。もちろんシートベルトをしてれば事故にあっても助かるという保証があるわけではありませんが,少しでも安全の確率をあげようとしないのはなぜなんでしょうか。

今回の事故ですが,私も学生のときはよく夜行のスキーバスを利用したので,他人事の気がしません。運転が荒くて怖いなぁと思ったこともあるし,今回に限らずこの手のバスでは事故がよくあるので驚きはありませんが,亡くなった方が若い人ばかりで本当に残念です。バスは怖いです。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<棒磁石で遊ぶ | HOME | J-PARCに向かう電車の中にて>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |