ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

ネタの続き

ネタがたくさんあると前回書いておきながら,更新が遅くなってしまいました。CERN理事会終了後,成田に着いたその足で東工大での研究会に向かい,そこで3日間過ごしていました。その研究会は興味深いものだったので,それについてはまた別途書くとして,今日はとりあえずネタの続きです。

さて,ジュネーブへ向かう便を逃してヒースローで凹んでいた私に,かなり稀な出来事がありました。ヒースローへ向かう次の便になんとかただで振り替えてもらった私は,今度は出発ゲートが確定したらすぐにそのゲートに向かおうと,新たなチケットをもらった直後にすぐに案内板のところに向かいました。当然まだ時間があるので,出発ゲートの案内は出ておらず,仕方がないので案内板の近くの椅子に腰かけて休みます。

そしたらその直後,本当に私のすぐ目の前で「Don't move! We're not gonna hurt you」みたいな叫び声をあげた男が,別の男を追いかけてきて,二人の男が対峙しているのです。どちらも武器は持っていませんでしたが,アクション映画さながらの緊迫感です。その緊迫感のなか,日本からヒースローへ向かう飛行機のなかでダイハードを見ていた私は,アクション映画で言うのと同じことを実際の場面でも言うんだな,などと変な関心をしていました。

それはさておき,飛行機を乗り逃し凹んでいた上に,ヨーロッパではテロのこともありますので,大真面目に相当ビビりました。さらに,その二人の男が対峙を続けていると,別の男も数人やってきて,挙動不審な人物を捕まえようとします。捕まえようとしている人たちがゆっくりと網をしぼるように,挙動不審な男に近づいていきます。が,隙を見て,その挙動不振な男はダッシュで逃げ去り,すると,それを追って5,6人の男がまたダッシュで走り去ります。

彼らを追ったり当然しませんので,ことの顛末はわからなかったのですが,いや,本当にびっくりしました。前の飛行機が遅れたわけでも,寝過ごしたわけでもなく,飛行機を乗り逃すという稀な経験の直後に,今度は一生のうち一回あるかないかというアクション映画さながらのシーンを自分の目の前5mくらいのところで目撃。こんなにも稀な出来事が重なるなんて,相当ありえません。普段は飛行機が落ちるなんてこと微塵も考えませんし,どこかで飛行機が落ちたから乗るのが嫌なんていうことも考えたことはなかった私ですが,今回のヒースロー→ジュネーブ便は,乗るのがなんとなく嫌でした。

まあ,それでもジュネーブに無事着いて,時間はかなり遅くなったものの,いつも通りバスを乗り継いでCERNへ向かうトラムに乗りました。そしたら,そこでまた,かなり稀な出来事に遭遇しました。ジュネーブのバスやトラムは基本的に乗る前に自動販売機でチケットを買うのですが,通常はだれもそのチケットをチェックしません。抜き打ち的に職員が検札に来るのですが,ジュネーブからCERNへ向かうトラムのなかではこれまで一回もその検札に会ったことはありませんでした。ダウンタウンでは,そもそもそれほどの回数乗ったことないのに検札を見かけたことが数回あるのですが,これまでに何100回も利用しているその路線では検札に会ったことありませんでした。

その検札に今回は遭遇したのです。もちろん私はチケットを持っていたから問題ないのですが,驚きは,チケットを持ってない人がかなりいたことです。チケットを買わずに乗る人が多いのは普段から知っていましたが,きっと,定期をみんな持ってるのだとばかり思っていました。しかし,チケットを持ってなくて罰金を払ってる人が1/3から1/4くらいもいたのです。いやー,検札に遭うこと自体驚きな上に,無賃乗車が多いことにさらに驚きました。

私の周りにいた人たちは全員無賃乗車だったらしく,自分たちの身分証明書を見せながら罰金の手続きをしていました。その人たち全員が身分証明書を見せているもので,フランス語のわからない私は,検札なのか,安全管理の一環として身分証明書の提示を求められているのかわかりませんでした。。

というように,ボケてて飛行機に乗り遅れ,目の前で捕り物に遭遇し,トラムでの検札に遭い,たくさんの人が無賃乗車で捕まっているのを目撃,という稀な事象の重ね合わせに遭遇したジュネーブへの移動でした。これくらい稀な出来事の重ね合わせに遭遇することがあるのですから,一般論として,背景事象が怪しい信号を作っても不思議ではありません。研究会のことと合わせて,今,ATLASとCMSで話題になっている謎のバンプについてはまた別にエントリーを書きます。

日常 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<2016年 | HOME | ネタ盛りだくさん>>

この記事のコメント

 今回のあなたの記事からは、余裕があるようにお見受けします。それでは、 http://oskatlas.blog71.fc2.com/blog-entry-1648.html でお願いしたとおり、私が2010年頃から3.11震災までにした投稿(千ページを超す客観的証拠の一部) http://nisimiyu.web.fc2.com/court/ProofIndex.htm#7-7 の証明をして頂けませんか?「座椅子の角度」以外は、日付をまたいで書き直した記憶がありません。私が確かに洪水や震災について何度も事前警告していたことを、証明して頂きたいのです。私は2015/5/6にこのお願いをしたのですが、あなたは無視したのですね。

 私は世界で唯一人、3.11津波を肝心な時、肝心な場所で事前警告できた女性です。具体的には、
1.日本地震学会の、誰でも無料で入れる無料公式メーリングリスト「なゐふる」への2010/9/5の入会時自己紹介で「すゑのまつやま」や「かぐや姫」に言及して、
2.2011/2/27, 3/10には、当該宏観異常レポート掲示板への生まれて1、2度めの投稿で、高波や月の角度異常を報告していました。
1.については当時の世話人、中川和之氏をはじめメンバに問い合わせれば簡単に証明できます。また、加入すればメンバの実名や過去ログを検索できます。私の投稿後、3.11震災までに、他に津波に言及する投稿は皆無でした。
2.については、今も面識もない管理人さんによる投稿証明とお礼が、私の実名入りで、 http://34257.progoo.com/rental/normal_bbs/bbs.php?pid=34257&page=5 (No.5236-5238)に掲載されています。肝心な時、高波に言及する類似の投稿は他にありませんでした。
 私は他にも7件以上、2010年以後だけ、3.11震災前に自他の公開ブログや勤務先正式業務「小集団発表」原稿で地震や原発事故について警告していました。http://nisimiyu.web.fc2.com/court/ProofIndex.htm に、千ページを超す客観的証拠の一部を公開していますので、教訓として下さい。最近「なゐふる」では、「クリスマスの起源は地震予知だった」と主張する人がいて驚きましたので、投稿しています。

 あなたは素粒子の専門家であり、従って肝心の時、無料の「なゐふる」に加入する努力すらできなかったことが、 http://nisimiyu.web.fc2.com/court/2-6.htm#素粒子 により証明できます。しかし本当に人命を救う3.11津波事前警告を公然と何度もできた私は、その後で、同等の努力も能力もなかった男性達に無理やり罪を着せられ、妹を殺され、研究職と名誉とお金を奪われました。あなたは私と違い、私の払った税金を使って研究させてもらっている身分です。3.11震災前に特に役立つ助言もしなかった一方で、私の、批判的な文面を含むコメントを強制的に削除することもしませんでした。
 しかし男性の場合、実はこの、「他人の言論の自由を尊重する」という当然のマナーを守れない人の方が、世の中には殆どでした。実際、2004年頃から私が多数の国会議員、公正取引委員会、文部科学省、裁判官ネットワークなどに公益通報してきた、素粒子の「超対称性詐欺」こそが、震災原因にも関わって犠牲者を増やしたのです。私の、「超対称性理論の詐欺性」を要旨に明記した博士論文元原稿は、5人の審査委員達によって問答無用で1/6に削除させられました。また博士号取得後も、私のWikipediaへの投稿は、執拗に即時削除され、終にはアカウント削除されました。反面、超対称性理論を研究していた先輩や後輩の多くは、在学中から税金で、私の20倍近い年収の研究員に採用されたり、すぐに准教授に採用されたりしました。「超対称性粒子」など30年前からひとつも見つかっていないのに。
 彼らや指導教官、3~4人のアカデミックハラスメント調査委員は、誰一人、肝心な時「なゐふる」に加入する努力も能力も、思いやりもありませんでした。結果的には私の妨害をして、犠牲者を増やした加害者です。その殆どは男性です。簡単に実名を調べられます。彼らの心が私より美しくて有能だとは、到底思えません。

 あなたは彼らよりはマシで、「私のコメントを積極的に削除しなかった」事実だけで、人命を救う側の結果となったのです。多額の税金を使って研究している身なら、大勢の人命に関わる、私の3.11津波事前警告の証明や被害回復をこそ優先して頂きたいです。誰が肝心な時、人命を救う事前警告をできたのか?誰がそれを妨害して、犠牲者を増やす方に加害したのか?早く公の場で、真実が明らかになり、信賞必罰となりますように。二度と、傲慢で女性の発言を亡き物にしたがる、傲慢な男性達による犠牲者が出ませんように!

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |