FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

研究費

公私ともに貧乏な私は、公のほうでは色々な助成金に申し込んできました。今も一つ応募締め切り間近のものがあって、締め切りに間に合わせるべく最後の仕上げをしているところです。で、思いつきました。今日は、研究費をどうやって手に入れているのか、どういうソースがあるのか説明してみます。ただし、どういうソースからの研究費のウェイトが高いかは、研究ジャンル、所属している研究機関、に強く依存しますので、これから書くことは私の場合に限る点に注意して下さい。

まず一番普通なのは、大学、もっと正確には学部だったり、学科からの運営費です。基本的にはどこの研究室にも人数に応じて平等に割り振られます。が、運営費では研究に必要な経費を全然まかなえないのが普通で、しかも、高エネルギー、かつ外国で実験をしている私のグループみたいな人たちは、実験をやっている研究所に行く旅費すらほとんどまかなえません。というか、私のグループの人間がCERNに行く時に運営費を使ったことはありません。本当に研究室の細々とした備品を買える程度のものです。本とか、事務用品とか、あと大きなところではメンバーが使うパソコンくらいです。でもパソコンは壊れない限り使えますので、年間当たりに使われるパソコン代というのはたいしたことありません。

では実際に研究する上で必要な資金をどうするかというと外部資金です。

一番ポピュラーなのが、科研費というものです。文科省管轄の(?)日本学術振興会という独立法人があって、そこが科学研究費補助金(略して科研費です)として個人に対して助成金を出します。もちろん誰にでもくれるわけではなく、書類審査などを経てそれにパスした人が助成金をもらえます。一言で科研費と言っても、色々なジャンル、つまりは助成金額の大きさに違いがあるのですが、採用率は一部を除きほとんどのジャンルが20-30%前後ではないかと思います。基本的にはこの科研費で研究をしていると言っても過言ではないくらい重要な資金です。自分の提案した研究が採択されるとされないでは雲泥の差になってしまいます。

それから個人の獲得する科研費以外に、もっと金額の大きい助成金も学振にはあります。大学とか学部で応募する類いのものでは、COEとか、グローバルプログラムとか、まあ名称は違いますが、みんな内容的には同じようなもので、研究あるいは教育のための巨大プログラムと思って下さい。ただし研究にも教育にも使えプログラムと、教育にしか基本的には使えないプログラムがあります。金額にも差があります。COEというプログラムは金額が大きく、研究に使えるのでどこの学部・学科も喉から手が出るほど獲得したい資金なのですが、残念ながら私たちの学科の素粒子・原子核関係者はその恩恵を得ることができていません。その代わりと言ってはなんですが、数限りない雑用の根源となっている他の小さいプログラムを幾つも抱えてたりします。が、それらは実績作りみたいなもので、研究費の恩恵にあずかることはできません。学生のTA代がほとんどではないかと思います。

それから、研究グループに対する補助金みたいなのも学振にはあります。複数の研究機関にまたがる複数の研究者が一つの研究を提案して、それに対する助成金という形式です。例えば私の所属するATLASグループに参画する日本の研究機関が束になって、助成金を獲得しています。

というわけで、大抵の研究者の研究費は学振からの補助金でまかなわれています。しかし、最初のお断りしたように、これは素粒子実験屋の私たちの場合です。医学・生物関係、工学関係は一般企業からの助成金のほうがウェイト高いのかもしれません。そういうジャンルの人たちの話を聞いてみたいものです。残念ながら、私たちの分野では一般企業からの助成金は極めて稀です。

と言いつつ、貧乏人の私は一般企業の助成金にも申請を出していまして、今書いてるのもそういう性質のものです。残念ながら今まで一度も採択されたことありませんが…。とほほ。でもまあ、応募しないことには何も始まりませんからね。

それから、私は科研費以外の文科省がやってる小さなプログラムにも応募したことがあって、去年、一昨年とそれぞれ別のプログラムなのですが、旅費を獲得したことがあります。来年度もまた、とあるプログラムに応募しようとしていたのですが、何年か続いていたそのプログラムが今年度限りで突如打ち切り。うーむ、残念。

長くなりましたが、研究費の資金源てこんなところでしょうか。このブログを見ていて、他にもこんなのあるよ、と知ってる人がいたらぜひ教えて下さい。速攻で応募しますので。あ、あと公私の「公」のほうではなく、「私」のほうでも外部資金を獲得する方法あったら教えて…あれ、大学教員はバイトをしたら違反なんでしたっけ?時間外労働として届ければいいのかな。


大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<数独 | HOME | 移動日>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |