ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

Fermilabビームテスト施設

昨日は昼飯を食べにBataviaのTaco Grandeというメキシコ料理の店に行きました。昔よく行った店で,店の内装も味も昔のままで感激しました。メインでよく食べるブリトーは日本人的にはかなりヘビーなので,半分くらいは美味しいのですが,その後はかなり食べるのが苦しくなってきます。が,しかし,この店で私が一番美味しいと思っているのは,付け合わせにただで出てくるトルティーヤチップです。手作りのチップに手作りのディップは絶品で,昔ここに来ると,チップとソースだけをよく持ち帰り用に買ったことを思い出しました。

私がそんな感傷に浸っている間に,Yくんが黙々と実験の準備を進めていまして,彼と私で手持ちしてきた検出器たちが全て動くことを確認,さらに,検出器間の同期も取れることを今確認して,来週のビームタイムに向けて準備が整いつつあります。

ビームテストはMTestと呼ばれる施設でやります。Fermilabには結構長いこといましたが,ここで実験をやったことはなく,というか,私がいた頃はビームテスト用施設として整備されていたわけではないので,ここに来る機会は全くありませんでした。ここ最近は,メインインジェクターからのビームを使って,ビームテスト用の施設として色々な人に使われています。ただ,メインインジェクターを使った今のメインなプロジェクトはNuMI(T2Kのライバル(?)の長基線ニュートリノ振動実験;Nutrino at Main Injector)なので,ビームの大部分はミネソタに向けたニュートリノビームを生成するために使われているみたいです。ビームテスト用のビームは1分間に約3秒間しか来なくて,残りの時間はニュートリノ生成に使われているのみたいです。ちなみに,加速器のビーム情報を知らせるスクリーンを見てると,メインインジェクターは定常的に300kW運転をしています。

このMTest,初めて来たのですが運営はかなり緩々です。そもそもビームタイムの申請も書類はかなり準備したものの,審査というかその辺はかなり緩い感じでしたし,現場に来てみたところ,今やってる実験グループの人間が,来週ビームタイムのある私たちに突然パラサイトでデータ収集させてくれないか,と提案してくるなど,杓子定規とは反対の運営がされている感じです。コーディネーター,他の実験をやっている人,などなど,かなりアットホームな雰囲気です。まあ,この業界の人たちの共通点かもしれませんが,みんな親切でギスギスした感じが全くしません。ただ,来週の私たちのビームタイムは,私たちを含めて2つのグループで共有することになっていて,来週はどうビームタイムを分けるかなどを相談しなければなりません。その相手はまだ現れていないのですが,彼らがフレンドリーかどうかは実験の進め方を大きく左右しますので,自己主張が強くないグループであることを祈っています。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<安全講習など | HOME | 久々Fermilab>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |