ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

ヒースロー

帰国しました。今さっき羽田空港に着きました。

今回はcollaboration meetingに基本的には出るつもりだったのですが,お金というか契約関係の仕事やら,もの凄くたくさんの人と個別に会って色々な相談や打ち合わせをしたため,meetingでは特に重要なセッションだけにしか出席できませんでした。濃密な5日間でしたが,そのおかげで色々収穫はありました。

今回の出張は,行きはヘルシンキ経由,帰りはヒースロー経由でした。日本とヨーロッパの間はJALを使うことが多く,最近はウェブ上で便を探していまして,そうするとJALとのコードシェア便しかひっかかってこなくなるので,自然とフィンエアかブリテッシュエアということで,ヘルシンキかヒースローになります。去年まではヒースローは預けた手荷物がなくなるあるいは到着遅れの頻度が高いということで使わないように避けていたのですが,最近は手荷物が小さく済んで機内に持ち込めるくらいのときはヒースローも使うようになりました。

しっかし,ヒースロー大きいですね。飛行機が着陸してからターミナルに到着するまでのタクシーの時間も長いし,ターミナル間の移動はバスなのですが,それに乗ってる時間も凄く長いです。というか,たとえば羽田空港も国内線と国際線のターミナルはかなり離れているので,そこは驚きではありませんが,手荷物を運ぶ小さなコンテナのような車たちも,バスと同じところをヒースローでは走っていて,これじゃあ途中で荷物落ちても仕方ないな,という光景に出くわします。加えて,あれだけ離れていたら乗り継ぎ時間にかなり余裕がないと到底間に合いそうな気がしません。そんな諸々を考えると,預けて手荷物が高い確率で届かなくても納得してしまう大きさです。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<目に付いたニュース2つ | HOME | Building38>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |