ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

シリコン検出器グループの活動

ATLAS日本グループの中には幾つかのサブグループがありますが,その一つにシリコン検出器グループがあります。さらにその中に大きく分けて3つのアクティビティがあります。ATLASの荷電粒子検出器の一つであるシリコンストリップ検出器の運転関連を行っているグループ,同じく荷電粒子検出器の一つであるシリコンピクセル検出器の運転関連を行っているグループ,そして,約10年後のATLASアップグレードのためのシリコン検出器開発を行っているグループの3つです。

今までは,一言でシリコングループと言ってもそれら3つのグループ同士であまり交流することなく活動してきたのですが,グループとしてのアクティビティを上げるためにはもっとお互いを知る必要があると考えていました。が,そういうことを大阪時代の私が言っても何も変わることはありませんでした。しかし,現在の私はATLAS日本グループの代表という立場以外に,このシリコングループのリーダーという役目も担っていまして,その立場を利用して(?)ようやく3つのサブグループ全体で集まるミーティングを始めることができました。

とは言っても,そのミーティングを始めたのは最近で,今日はその2回目でした。たまたまCERNにいたので,現場での運転組と一緒にミーティングに参加したのですが,学生と若いスタッフみんなに元気がありミーティングを存分に楽しむことができました。3つのサプグループが一堂に会するとかなりの人数になりますし,若くて元気な人が多いので議論が非常に充実していました。まだ始めたばかりですが,手応えを感じる,そんな今日のミーティングでした。お互いが刺激を与えあい,またみんなの力を上手く集結できれば,日本シリコングループのアクテビティはさらに上がること間違いありません。そういう確信を抱かせるミーティングで,今日はこれから気分良く晩飯を食べに行けそうです。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<高エネルギー委員会とRRB | HOME | 今週CERN>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |