FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

時差ボケ

私用で緊急に出張予定を変更し、1週間ほど前に帰国。大阪に到着直後に実家のある埼玉へ移動した。ジュネーブ⇆大阪の移動には慣れているが、いや、慣れていてもそれなりに疲れるけど、ジュネーブ→大阪→埼玉の山の中という移動は流石にしんどかった。

ジュネーブと日本では時差は現在7時間(スイスは今夏時間のため)。なので、日本からジュネーブへ移動したときはそれほど時差ボケはつらくない。ジュネーブに着いた直後には、晩飯を食べてすぐに寝て夜中の2時くらいに目を覚ますことになるのだが、無理して調節しなくても平均して1日に1時間くらいずつ生活リズムが遅れて、1週間もしないうちに自然に時差ボケは解消される。ところが逆は一般的にちょっと辛い。日本に戻って来ると、寝る時間というのがジュネーブでの夕方くらいなので、なかなか眠れない。そして眠いのが日本の午前中。朝方ようやく眠れたかと思うと、すぐに起きないとならないからだ。油断して午前中寝てしまおうものなら、本当に時差ボケは解消されない。辛くてもとにかく朝起きるのが時差ボケ解消の方法のようである。少なくとも私にとっては。

そんなわけで、激しく時差ボケというわけではないが、未だに朝起きるのが相当辛い。夜は普通に眠れるんですけどね。だったら時差ボケじゃなくて、単に眠いだけか?
日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<研究所と違う生活 | HOME | ジェットの性質>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |