ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

テラスケール研究会など

一昨日土曜日は,東大にてテラスケール研究会がありそれに参加してきました。去年阪大でやったもののシリーズで,東大で年何回か1日間の研究会をA軍曹が走らせています。それに加えて年1回どっかの大学で3日間の研究会をやるというのがここ数年の慣習となっています。去年はそれが阪大だったというわけです。今年は12月21-23日の日程で東工大でやります。新学術と絡んだこの研究会はおそらくそれが最後になるはずです。13TeVの結果をそれなりに発表できるであろう日程になっているので,そこですんごいニュースを発表したいものです。

研究会の中身は,LHCのRun1で見られている幾つかのエクセスにフォーカスしたものでした。最も典型的なのは,ATLASで見えているWW(Z)のハドロニックチャンネルでのエクセスで,これについてはまあ当然理論のほうからも幾つかの可能なモデルの提案がありました。その他ではCMSのH→τμとかATLASのZ+MET+jetとか,2σ前後のエクセスをおさらいしました。実験のほうのトークはどれもわかりやすく,よく纏まったものだったと感じました。それらの解釈なども含めて勉強になりました。

そして,昨日は久々の休日でした。きっちり3週間ぶりで,この3週間は滋賀での濃密な4日間,その直後の理事会を含めたCERN8日間,人生初のスタジオでのテレビ収録,久々の授業,等々とかなり密度の濃い3週間だったので,昨日の休日は日照り続きの後の雨のようでした。そのおかげで今日はだいぶリフレッシュ感があります。体力的なものはともかく,子供と遊ぶのは精神的な疲れの何よりの薬です。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<物理ラン再開 | HOME | 久々の授業>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |