ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

CERN理事会終了

CERN理事会というものに初めて出席しました。と言っても,日本はメンバー国ではないので,出席できるセッションには限りがあり,木曜にあったLHC関連のRestricted sessionと,金曜午前のopen sessionの2つのみの出席でした。何しろ初めてなので,慣れないスーツ姿ということもあり(?),かなり緊張しました。また,会議の内容を記録して日本グループに知らせるための書記の役目があり,何を言ってるのかほとんどわからない発表を必死に聞くので,通常の会議の何倍も疲れました。というのも,物理関連の内容はいいのですが,それ以外の内容が多いんですね。財政やら,特に問題になってる年金のこととか,コンプライアンスとか,そういう議論だと単語の意味もわからず,相当にちんぷんかんぷんなのです。

その他にも物理屋的には全く慣れていない仕事が幾つかあって,かなり刺激的な出張となりました。その職務から解放されて,昨日は,CERNに常駐している若手ポスドク3人と晩飯を食べに行きました。海外の研究機関に属するATLASポスドク,CMSポスドク,加速器ポスドク,とかなり幅の広い繋がりの人々でしたが,みんな凄く優秀で楽しそうに物理の話をするので,一緒に行った私は疲れが吹き飛びました。最近の私はどうやったら予算を取れるか,限りある予算内でどうやりくりするかばかりを考えていて,物理のことを考える機会があまりないのですが,昨日は久々に楽しめました。

今日はこれから日本に戻るべく空港に向かいます。預けた荷物がよくなくなると評判の(?)ヒースロー経由なので戦々恐々としています。そうだ,ホントはこっちに来る時と同様ヘルシンキ経由でチケットを取ったのですが,数日前に,ジュネーブ→ヘルシンキ便が欠航になるのでロンドン経由に勝手に変更になりました。出発直前ではなかったので混乱がなくてよかったですが,荷物がちゃんと届くか心配です。加えて,わりと直前の変更だったので,時間的にちょうどよいジュネーブ→ロンドン便が満席で,乗り継ぎが悪いのがつらいところです。ロンドンでおそらく4時間以上待たなければなりません。。。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<リモートコントローラーからタッチパネルへ | HOME | 滋賀からCERNへ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |