FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

映画

映画を観るのはもともと好きで学部学生の頃まではよく見ていたのですが、研究の世界に足を踏み入れてからはほとんど見てません。今ではテレビすらほとんど見る時間がないので、どんな映画をやっているかすら全く知りません。そういった背景もあって映画を観るのは飛行機の中くらいで、しかもどういう映画なのか内容を全く知らずに観るわけですが、今回ヨーロッパへの移動中に観た映画は3本とも非常に面白かったです。

個人スクリーン付きの機体だったので、複数の中から勝手に選んだわけですが、3本が全て日本映画。「イキガミ」「おくりびと」「しあわせのかおり」と順番に観たのですが、どれも感動作。内容・評判を知らずに選んだわけですが、どれも当たりでした。気になって後で調べたところ、どれも評判のよい話題作だったんですね。特に「おくりびと」は色んな賞を取っているので驚きました。賞を取ること自体は不思議ではない良い作品でしたが、評判知らずに適当に選んだのに、そういう評判作を引き当てられたことに驚いたのです。

そう言えば、「イキガミ」と「しあわせのかおり」にそれぞれ登場するのが山田なんとかというカッコいい俳優と、中谷美紀なのですが、この2人が主役だった「電車男」を前回の出張の飛行機の中で観て感動したことを思い出しました。だから何だというわけではありませんが、この2人の映画とは相性がいいようです。

そうだ。完全に話題は飛びますが、旅客機がハドソン川に不時着したんですね。しかも犠牲者なしという奇跡的な不時着だったそうで、よかったです。って、普通なら故障起こさず目的地に着くわけですから、本当はアンラッキーなのですが、やはり人間は相対的に判断しますから(相対的にしか判断できないから)、故障して不時着しても無事ということで「よかった」となってしまいますね。でもホント犠牲者が出なかったのは素晴らしいです。


日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<チーズフォンデュ | HOME | CERN生活雑感>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |