FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

スーツで出張

先週の土曜に日本で外せない用事があったため,金曜に一旦帰国した後,また日曜からCERNに来ています。今回の出張は私にとって新鮮,というか,いつもと違ってスーツ姿での出張です。ドレスコードがジーンズ(?)の実験屋にとってはスーツを着るのは極めて稀ですし,なかでも私はラフな服装が多いのでジャケットすら着ることはあまりありません。ですが,今回は出張期間全部を通してスーツ。こんなに長い時間スーツを着続けるのは私の人生の中で初めてです。

しかし,そこら辺に座り込めないことを除いては,スーツって楽です。サッカー界のキング・カズは,夜寝る時の寝間着がスーツだという話をどこかで聞いたことがありますが,ジャージに比べてどうかは微妙ですが,ジーンズに比べたらスーツのほうが動きやすいし体を締め付けられない(?)ので,確かに楽かもしれません。マスターキートン(古いですね)でも,砂漠に行くにはスーツが良いというような,固定観念とは違うサバイバルネタがありました。ポケットも多いし,実務的にも実は色々と最適化されているのかもしれません。

あと,一回スーツと決めちゃうと,何を着るか迷う必要がないというのは大きなメリットです。ドレスコードが気になるとき,ジーンズでもなく,スーツでもなく,となると何を着てよいのか非常に迷ってしまいますが,スーツと決めてしまえば,何着もスーツを持っていない私は迷う要素が非常に少なくなります。あと,ジーンズだとどうなん?という場面はあっても,スーツを着ていて相手に失礼になる場面というのはあまりありませんから,その点でもスーツというのは何も考えないで着られるという意味で楽だったりするかもしれません。

物理学科の物性理論のダンディーなOさんはいつもスーツなのですが,彼も,毎日スーツと決めちゃえば何を着るか迷う必要ないし,それで失敗する場面にも出会わないので楽だと言ってましたが,その気持ちがよくわかります。

そういうわけで,スーツが楽だということを再認識して,これからもっと着ようなんてことを考えているのですが,となると流石にもう何着が必要になります。でも,ジャージやジーンズ+Tシャツに比べて高いですよね。洗濯機でジャブジャブ洗えないし。そこだけがボトルネックです。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<900GeVでの衝突 | HOME | 映画で大泣き>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |