ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

LHC Run2 開始直前

重心系エネルギーを13TeVに上げるRun2の開始直前です。少し前の予定では,今週,というか2,3日前にLHCにビームを入れ,加速器の調整の後,5月後半に陽子陽子衝突を開始するはずでした。ですが,陽子の軌道を曲げるための電磁石の準備が学会前にもまだ終わっていなかったのでホントに間に合うのだろうか,と思っていたところ,昨日,ビームを入れるのが少し遅くなるという正式なアナウンスがありました。非常にマイナーと思われる,電源系のトラブルがあったそうで,アナウンスの表現を借りると,a few days から several weeks の遅れになります。いずれにせよ,今年のデータ収集計画を狂わせるほどのトラブルではなく,LHCのような巨大な装置の再開としては心配するほどのことではないと思っています。

ちなみに,上で電磁石の準備状況と書いたのは,電磁石にどれだけの電流を流せるか,流せているか,の数値が6.5TeV相当(余裕をもって実際には6.55TeV相当)を超えているかどうかでの判断です。LHCは大きくわけて8個のセクターに分かれているのですが,学会前は,6個が準備OK。残り2個のうち,1個はもうほとんどOK。そして残り1個も90%到達しているというような状況でした。で,今その数値を見ると,7個目も準備が終わり,8個目が6.48TeV相当の電流値に届いているようです。繰り返しですが,最初の段落で書いたトラブルは非常にマイナーみたいなので,電磁石の準備がほぼ整っていることを考えると,6.5TeVのビーム投入はもう本当に目の前です。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<LHCに陽子ビーム再び | HOME | 学会ほぼ終了>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |