FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

CERN生活雑感

今回のCERN出張で感じる日々の雑感です。

- 寒い。
気温そのものは0℃を中心に最高と最低で数℃ずつ変化するくらいなのでたいしたことないのですが、滞在中のアパートが寒い。ヨーロッパによくあるタイプの放熱暖房なのですが、触ってみると十分熱いので、部屋の大きさに比べて設置されてる暖房器具が少ないと思われます。夜寝る時は、トレーナー2枚重ねに、厚い靴下、と重装備ですが、それでも寒いです。日本のように厚い布団は装備されていません。

- 朝暗い。
8時でも真っ暗。8時過ぎからようやく夜明けといった感じ。一昨年の1月に滞在した時は感じなかったのに…。こっちに来てからずっと天気が悪くて、夜は完全にガスっているのでその影響もあるのかもしれません。

- まだ人が少ない。
LHC再開がまだ先のせいもありますが、研究者の数が少ないです。ヨーロッパの人たちはバカンスが多いので、まだ帰ってきていない人も結構いるようです。段々増えてる最中みたいです。

- バスが来ないかと心配になる。
こっちで滞在しているアパートからCERNのオフィスまでは歩いて35-40分。夏は自転車を借りていたのですが、今は寒くて、というか、道路(歩道、あるいは自転車道)に雪があってアイスバーン状になっていて、自転車は使えません。というわけでバス通勤なのですが、そのバスは30分に一本か、1時間に1本。前書いたことがあるようにその貴重な1本が飛ばされちゃうことあるんですね。遅れるのではなく、来ないのです。日本以外では別に驚くようなことではないのですが、今この時期に1本飛ばされると流石につらいです。氷点下で1時間は待てません。

- フランス側のパンは美味しい。
よく言われていることなのですが、食べ物、特にパンはフランス側のほうが美味しいです。今回、近所でフランスパンを買って食べたのですが(それも評判のパン屋とかではなく、単なるスーパー)、噂通りスイス側よりも圧倒的に美味しいです。

- 円高なので気分的に買い物がちょっと楽。
1ユーロ160-170円だったのが今120円ですか。日本の輸出企業に激しいダメージを与えている円高ですが、海外出張のときはちょっと嬉しいですね。おっと、でも冷静に考えると今使っているのは1ユーロ160-170円時代に日本から送金した分だったりします。ははは。クレジットカード使わなくては。

他にも何か書こうと思ったことあったのですが、今思いつかないので、この辺でやめときます。


日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画 | HOME | 電話会議>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |