ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

学会ほぼ終了

土曜から今日までの4日間,物理学会でした。ATLAS大阪グループのメンバーの発表は昨日までに全員終わり,ホッと一安心といったところです。全員問題なく発表をこなし,結果を出せるかどうかの分水嶺にいたIくんもなんと発表をすることができました。本人も頑張ったようですが,解析をフォローしているYくんの貢献も大きかったようです。

今回は,私にとって自分に関係のある研究発表のあるセッションに出ざるをえないようなプログラム(自分の学生の発表と,気になるセッションが重なってるなど)になっていたために,特に印象に残った発表内容はありませんでした。基本的に学会はパラレルセッションの積み重ねなのでこういうことも当然起こりうりますが,全般的に話題になるような結果がなかったような気もします。

LHCのRun2開始を直前に控えている私たちとしては,次回の学会で正式な結果を発表するのは難しいかもしれませんが,1年後には何かエキサイティングな結果を出したいものです。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<LHC Run2 開始直前 | HOME | 4年生ポジトロニウム続報>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |