ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

恒例の学会発表練習

昨日と今日は,今週末に始まる学会に備えて,恒例の研究室の学会発表練習でした。今回の発表者数は全部で6人。ATLASが4人,KOTOが2人という内訳です。

6人の発表者のうち,3人がM1で初めての発表。内容はさておき,どういう発表の仕方をするか興味がありましたが,全員がなんとなく想像していた通りの発表でした。3人のうちの2人はATLASなので普段から接しているので,彼らの発表がどんな感じになるかは内容だけでなく,その纏め方というか見せ方も想像がつくのですが,普段研究を見ていないMくんについても,だいたい想像したとおりの発表でした。発表のノウハウというか技巧みたいなものがまだないので,普段の対人コミュニケーションにおける個性がそのまま発表に表れているのでしょうね。面白いものです。

中身については,Iくん以外は材料があるので大丈夫そうですが,Iくんのはなかなか心配です。見せ方の前に,まずは結果を出さなければならない,そういう段階で,本人も必死に結果を出すべく頑張っています。発表までに何とか見せられる結果を出せるといいのですが。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<4年生ポジトロニウム続報 | HOME | 異動など>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |