ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

大学入試初日

今日は大学入試の初日です。2日間ではなく1日だけの受験生もいるので初日という言い方は微妙ですが,まあとにかく,今日と明日が大学入試という大学の中でも最も大きなイベントです。入試に関しては改革などが叫ばれ,制度そのものが大きく変わりそうですが,最近思うのは学力だけでなく人としてまっとうかどうかも合格不合格を決める判断材料にしたいということです。

学校推薦で就職の内定をもらい内定式まで行っておきながらその会社を蹴るというような,人間世界のルールを守れない人間は大学に来て欲しくありません。法的に問題がないことはなんでもやってよい,他人にいくら迷惑をかけてもよい,そう考える人間を見つけ出して不合格に...できるわけありませんが,そういう夢のような装置を誰か開発してください。

昼飯どきの学食で場所取りをしているようなアホな学生を不合格にするシステムも欲しいです。イスの数は有限なのですから,場所取りをしないほうが待ち時間の期待値が下がる,つまりは自分の待ち時間が減るということを理解できないアホは大学生にならなくてよいです。ってか,人が座るためのイス,食事をするための机にモノを置いておくという自己中な人間はこの世から消えたほうが人類のためでしょう。

花見やらバーベキューをするための場所を確保するために,「◯月◯日◯サークル」なんていう張り紙をして自分たちがその場所を使えるなんていうトンデモナイ考えを持っている人間は大学生にならなくてよいです。「2015年2月25日〜3015年2月24日までY研究室が使用」と張り紙をしておけば,Y研究室がその掲示通りにその場所を使えるわけないでしょう。なんで張り紙さえすれば場所を確保できるなんていう発想に至るのか,本当に理解不能です。

駅から大学あるいは大学構内を歩いている時にスマホだか携帯を見ながら歩いて,周りを全く見ないで,自分以外の人間が自分を避けて歩くことを当然と考える,自己中ここに極まれり,という人間は大学生にならなくてよいし,Eくんに突き飛ばされて当然でしょう。

子供の数が減っているのですから学力の平均が低下するのは当然だし,歯止めをかけるには定員を減らすしかないのではないかと思っています。我々より上の世代と今とでは子供の数が2倍くらい違い,かつ,大学の定員数も昔より増えています。ですから,絶対的な学力は昔と今で大きく違うのが当然で,学生の学力が年とともに低下していることを嘆くという発想は私にはありません。

ですが,最近本当に気になるのは,上でリストアップしたような,人間としての行動規範がおかしい学生が増えていることです。増えてるのではなくて,若者はいつの時代も自己中な行動をしていて,自分が年とってきたからそれが目につくようになったのかもしれないのですが,何年か大学教員をやっていて感じるのは人間としてまっとうな人間のほうが,成果を出す傾向があるということです。定量化できるような話ではないので,私の主観バリバリで書いてるわけですが,少なくとも研究成果と人間性には強い相関があるように感じています。学力はおまけみたいなもので,まっとうな人間なら必要に迫られれば勉強するので学力不足は後からでも補えてる気がします。

そういうわけで,できるわけありませんが,大学入試改革では人間性をチェックする機能をぜひ盛り込んで欲しいものです。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ちょっと一休み | HOME | ビームテストとATLAS西日本グループ会合終了>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |