ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

宇宙暗黒時代?

数日前に家でとっている新聞記事を読み,頭の中にクエスチョンマークが渦巻いたのですが,同じ記事をヤフーニュースでも見つけました。どうやらソースは別のところにあるらしいですが,それにしてもわからない。。

まず出だし。
「宇宙が約138億年前にビッグバンで誕生した後、初期の星や銀河が放つ光が自由に進まず、望遠鏡で観測できない「暗黒時代」は約5億5000万年後まで続いた可能性が高いと、国際研究チームが7日までに発表した。」

...星や銀河が光を放っていたら暗黒時代ではないような。

そして,説明部分。
「ビッグバンの際、超高温・高密度だった宇宙は膨張に伴って冷え、約38万年後に陽子と電子が結合して水素原子ができた。その後、星や銀河ができ始めても、この時期は光が水素原子に吸収されて望遠鏡で観測できないため暗黒時代と呼ばれる。
 しかし、多数の星が放出する紫外線によって宇宙空間を占める水素原子が再び陽子と電子に分かれると、暗黒時代が終わり、星や銀河の光が進むようになったと考えられている。」

...私には全然わかりません。暗黒時代って,星や銀河ができる前だから暗黒と呼ばれているのかと思っていたのですが,違うんですかね。星だかクェサーができて強力な電磁波(紫外線の波長?)が放出されたせいで,水素がイオン化された。つまり,星が光り始めた時代=暗黒時代の終わり=宇宙の再電離だと思っていたのですが,この記事の説明だと,星や銀河はすでに存在していたがその光は水素に吸収されて進めず暗黒だった。水素がある時期突然電離されることで光が宇宙空間を進めるようになり暗黒時代が終わった,ということになります。えーっ,そうなんでしょうか?

ついでに言うと,水素うんぬんは,宇宙の暗黒時代は光っている星はなかったけど,(宇宙の晴れ上がりの後なら)水素が存在したので,その水素から出てる21cm線を観測して,その時代のことを研究するとかなんとか,そういう話は聞いたことがあるのですが,水素に吸収されて光が見えないという話は聞いたことがありませんでした。

うーん,わかりません。

最後に,一応記事を全部引用しておきます。出典はヤフーニュース(時事通信)です。私が家で購読してる新聞に載ってた記事とも完璧に同じです。

引用ここから--->

宇宙が約138億年前にビッグバンで誕生した後、初期の星や銀河が放つ光が自由に進まず、望遠鏡で観測できない「暗黒時代」は約5億5000万年後まで続いた可能性が高いと、国際研究チームが7日までに発表した。欧州宇宙機関(ESA)の天文衛星プランクが観測した成果で、米衛星WMAPの観測に基づく従来の推定より約1億年長いという。
 宇宙誕生の推定時期は2013年に、WMAPの観測に基づく約137億年前から、プランクの観測に基づく約138億年前に更新された。今回の成果で、宇宙の歴史がまた書き換えられる可能性が出てきた。 
 ビッグバンの際、超高温・高密度だった宇宙は膨張に伴って冷え、約38万年後に陽子と電子が結合して水素原子ができた。その後、星や銀河ができ始めても、この時期は光が水素原子に吸収されて望遠鏡で観測できないため暗黒時代と呼ばれる。
 しかし、多数の星が放出する紫外線によって宇宙空間を占める水素原子が再び陽子と電子に分かれると、暗黒時代が終わり、星や銀河の光が進むようになったと考えられている。
 国際チームはプランクで、宇宙全体から届くマイクロ波「宇宙背景放射」を高精度で観測した。宇宙背景放射はビッグバンから約38万年後以降の宇宙を探る重要な手掛かりとなっている。

<---ここまで

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2014年度修論終了 | HOME | ビームテスト近づく>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |