ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

学期末年度末

Sくんの昨日のD論公聴会,あんまりすんなりとはいきませんでしたが,なんとか合格となりました。Sくん,おめでとう。次は早いとこ就職を決めてほしいところです。

前回のエントリーでも書きましたが,学期末,年度末に特有の忙しさがあって,その一つが,3年生物理学実験です。もう授業は終わっているのですが,そのレポート提出締め切り日が一応昨日に設定されていたので,先週から今週にかけては締切直前に提出しようとする学生を捌くのが一仕事でした。

私の担当に限らず,3年生の物理学実験では各テーマ毎にレポートを担当教員に提出するのですが,単に手渡しするだけでなく,簡単な質疑応答があります。私の場合だと短い場合で10分から15分程度。一生懸命議論してくれる学生の場合は1時間近くになることもあります。

大抵はこちらで想定した通りの受け答えなのですが,たまには私自身でも気づかなかった着眼点で物を言ってくる学生もいて,物理の議論としても面白いし,若い学生と話をする機会という意味でも貴重なので,十分時間を取るようにしています。でも,先週と今週のように,学生が立て続けにやってくると,日程調整も大変だし,前の学生との話が長引くと次の学生とかち合ってしまうので,結構大変でした。去年はここまで締切前後に集中していなかったのですが,今年は本当に集中しました。

今日の午後もう1人と会う約束なのですが,それで一区切り。後は,成績の入力になります。この成績入力は,嫌いな作業の一つです。そもそも採点は難しい作業ですし,加えて,入力という単純作業は単純作業ですが間違うと問題ですから,非常に神経を遣います。全員が同じ成績なら入力間違えしても構いませんが,そういう採点をすることもできませんから厄介です。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ビームテスト近づく | HOME | D論公聴会とか>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |