FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

快適な旅

昨晩CERNに予定通り着きました。

今回の移動は割と快適でした。理由は2つ。まず一番大きな理由は日本からアムステルダム(ジュネーブには直行便がないのですが、今回はアムステルダム経由にしました)への飛行機がとても空いていたこと。3人がけのイスを一人で使えたので楽でした。と言っても、私の場合横になったりはしないで姿勢良く座ることを心がけています。一見楽な姿勢で座っているより、背筋を伸ばしてきちんと座っている方が、結局のところ腰や首肩に負担がかからないというのが持論なのです。じゃあ空いててもあまり変わりないと思われるかもしれませんが、私にとって機内で不快なのは、後ろの乗客から自分の背もたれ部分を押されることで、今回はそれを避けることができました。

もう1つの原因は、今回はCERNへ来るのに初めてJALを使いました。それも成田経由でJAL機材です。食事、映画・ゲームなどのアミューズメント装備、サービス、どれも日本流で、やはり心地よいです。食事はスパークリングワインをエコノミーでは出してくれないのが寂しいですが、それ以上にプレミアムモルツとエビスビールを出してくれるのが私にとっては高得点です。ビールとワインをずっと飲みつつ映画を観ていたので、成田→アムステルダムは約12時間でしたが、あっという間でした。あと、上の段落で書いたこととも関係があるのですが、JAL機材の個人スクリーンはタッチスクリーンでなくリモートコントロールなのが嬉しいです。後ろからガンガン押されませんから。

今回は初めて大阪→成田→ヨーロッパの経由地→ジュネーブと1日3便に乗るので、関空から飛ぶのに比べて疲れ具合はどうかなと思っていました。そういう経路にしたのは、JAL機材でのヨーロッパ・日本間の移動が楽だろうと予想したからなのですが、その予想は見事的中し、かつ1日3便も私にとっては全く問題ありませんでした。そもそも私の家から成田へ行くには2時間強、関空へ行くには2時間弱、と家が伊丹空港に近いということがあって、時間的に大差ないんですね。なので、これからは今回のような経路が増えそうです。ただし、次回の出張では関空からのエアフランスを試すことにしてしまっています。次々回からこの経路です。

しかし、今回は出張前に色々とガタガタしました。最近のエントリーでしょっちゅう書いているように、少々雑用に追われていて、出発前日も幾つかの雑用に全精力をつぎ込んでいました。そのため今回の出張では忘れ物が多いです。出発当日伊丹空港へ向かう途中で忘れ物を取りに大学へ行きましたし、いつも持ってくる日用品も幾つか忘れたことに気づきました。こっちでは少しは落ち着いて研究に取り組みたいです。


日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<電話会議 | HOME | 出張>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |