FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

出張

担当している授業の1つで他学部の1年生相手の物理実験の授業は、今日が最終回でした。もう1つの実験の授業も終了しており、残りは専門科目の講義だけになりました。専門科目の講義は自分でカリキュラムを作れるのですが、1年生相手の物理学実験というのは昔の一般教養の範疇で、決まったカリキュラムを休講を出すことなくこなしていかないとなりません。なので、時間的な制約が非常に厳しく、私は後期それを2つ担当していたのでなおさら自由度が少なく、ほとんど出張できませんでした。

その縛りの厳しい授業が終わったので、これからしばらくは出張が多くなります。まず手始めに今度の日曜から10日間、そして、2月と3月にもそれぞれ1回づつCERNへ行って来ます。検出器そのものは電源を落としているので、テストその他は行えませんが、ソフトウェアの仕事はいつでも出来ます。現場でないとできないような、例えば、外からアクセスできないネットワーク内でのデータベースの整備とか、あるいは、原理的には日本にいてもできるけど実際問題日本からでは遅くて仕事にならないようなことをやってくるつもりです。

というモチベーションがあるとはいえ、ジュネーブまでの長旅を毎月しなければならないかと思うとちょっと憂鬱です。せめてビジネス、いや、プレミアムエコノミーならよいのですが…。


日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<快適な旅 | HOME | 授業再開>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |